Menu
(0)

Search

『イコライザー』第3作が始動、デンゼル・ワシントン&アントワーン・フークア監督が復帰へ

イコライザー2
© 2018 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

あのマッコールさんが帰ってくる。

デンゼル・ワシントン主演、『イコライザー』シリーズの第3作(タイトル未定)が製作されることがわかった。米Colliderにてデンゼル自身が認めた。監督のアントワーン・フークアも復帰に向けて交渉中だと報じられている。

『イコライザー』シリーズは、『トレーニング デイ』(2001)のデンゼル・ワシントンとアントワーン・フークア監督が再びタッグを組み、世の悪人を葬るダークヒーロー、ロバート・マッコールの活躍を描いたアクション映画。2014年に『イコライザー』、2018年に『イコライザー2』が製作された。デンゼル演じる元CIA職員のマッコールは、昼間は生真面目にホームセンターで働いているが、夜はおそるべき強さを発揮し、冷静沈着に悪人を始末していく。

取材の中で、デンゼルは2022年の予定について「『イコライザー』の3作目の脚本があるので、それをやる予定になっています。だから身体を作って、また人をボコボコにしないと」と語った。デンゼルは主演最新作『マクベス』が2022年1月14日(金)よりApple TV+にて始まるとあって、「『マクベス』をやったあとに人をボコボコにする。最高じゃないですか?」と冗談交じりにコメントしている。

監督に復帰する方向性にあるアントワーン・フークアは、現在ウィル・スミス主演のアクション・スリラー映画『Emancipation(原題)』のポスト・プロダクション(撮影後作業)まっただなか。同作の配信日は決まっていないが、おそらく『イコライザー』第3作はその後、2022年内の始動になるとみられる。

長年にわたるキャリアを誇るデンゼルだが、『イコライザー』は自身にとって唯一のシリーズ作品。今度はいったいどんな物語とアクションを見せてくれるのか。

Source: Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly