Menu
(0)

Search

『E.T.』幻の別エンディングを主人公エリオットの兄役が明かす

E.T.

少年と地球外生命体の友情を描いたスティーブン・スピルバーグ監督によるE.T.(1982)。約40年の時経てもなお愛され続ける本作は感動的なエンディング・シーンが印象的だ。ところが、この名作には幻の別エンディングがあったという。

『E.T.』は、主人公の少年エリオットと地球外生命体のE.T.の別れで幕を閉じる。E.T.がエリオットの額に指を当てながら「I’ll be right here(イツモ ココニイルヨ)」と囁く姿は映画史に残る名場面の1つと言えるだろう。E.T.との別れにエリオットが流した涙は、世代を問わず、世界中の観客に大きな感動をもたらした。

別の構想案を明かしたのは、本作でエリオットの兄マイケルを演じたロバート・マクノートン。米Cinema Blendにて、「ラストシーンは、映画のようなものになる予定ではなかったんです」と証言しているのだ。

「ラストは、子どもたちがダンジョンズ&ドラゴンズで遊ぶ場面になるはずだったんです。ここでエリオットはダンジョンのゲームマスターになっているんですよ。エリオットがE.T.を見つけたから、仲間に入れてもらえたというわけです。これが最後の場面で、脚本から何やらに書かれていました。そこで、カメラのアングルが上に向けられるんです。つまり、エリオットはE.T.とまだ交信しているんだという意味で。」

ダンジョンズ&ドラゴンズとは、テーブルトークRPGのこと。劇中の序盤、エリオットはダンジョンズ&ドラゴンズで遊んでいたマイケルら年上のグループの仲間に入れてもらおうとするも、上手い具合にはぐらかされ、終いにはゲームマスターのスティーブから「ピザを取ってきたら入れてやる」とあしらわれるのだ。ロバートが明かしたエンディング・シーンを通して、エリオットたちの成長がE.T.と出会う前と後で対比的に描かれる予定だったのだろう。

ロバートによれば、宇宙船が離陸するシーンを音楽付きで観たスピルバークら製作陣は、これをラストシーンとするよう変更したということだ。この決断にはロバートも「あれに続くシーンを描くのは不可能でしょう。賢い選択だと思います」と納得している。

Source: Cinema Blend

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly