Menu
(0)

Search

マーベル『エターナルズ』クメイル・ナンジアニが作品の完成度を約束「待つだけの価値がある」

クメイル・ナンジアニ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48462713701/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新章の幕明けとなる映画『エターナルズ(原題:The Eternals)』は当初、2020年11月に米国公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて2021年2月に延期された。本来であれば、今頃様々な情報が到着していたかもしれないと考えると、作品を待ち望むファンとしては残念でならないだろう。

この度、本作に出演するクメイル・ナンジアニが自身のTwitterにて、「情報が少ないことは認識しています!僕自身も状況を全く把握していません。信じてください」と最新情報を求めるファンの問いかけに答えた。情報の解禁時期については不明としながらも、「待つだけの価値がある映画だと約束します」と自信を滲ませている。

「今まで参加してきた作品の中で最も豪快で、楽しくて、壮大で、スリリングで、笑えて、心を動かされる作品です。そして極めて大規模で、これまでに見たことないような作品に仕上がっていますよ。毎日、撮影に行ってはセットに驚かされましたね。」

本作は、巨大宇宙種族「セレスティアルズ」が人類への遺伝子実験によって生み出した「エターナルズ」の人々を描く、7,000年にも渡る時間を股に掛けた一大群像劇だ。出演者にはクメイル・ナンジアニの他、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)リチャード・マッデン、キット・ハリントン、『クレイジー・リッチ!』(2018)ジェンマ・チャン、アンジェリーナ・ジョリーなどが参加。監督には『ザ・ライダー』(2017)『Nomadland(原題)』のクロエ・ジャオ、脚本はマシュー&ライアン・ファーポが務める。

映画『エターナルズ(原題:Eternals)』は2021年2月12日に米国公開予定。

あわせて読みたい
エターナルズ

マーベル野心作『エターナルズ』は『アベンジャーズ/エンドゲーム』超えを目指す ─ 監督にマンガのルーツ、「東洋と西洋の融合を進めたい」

Source: Kumail Nanjiani (1,2) , ComicBook.com

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly