Menu
(0)

Search

クリス・エヴァンス、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」に厚い信頼「セブとはずっと一緒でしたから」

クリス・エヴァンス Chris Evans
David Gabber /Landmark Media 写真:ゼータ イメージ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)をもってマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を去ったキャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが、ドラマシリーズファルコン&ウィンター・ソルジャーにメッセージを贈った。

キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースの親友であるファルコン/サム・ウィルソン(アンソニー・マッキー)、ウィンター・ソルジャーバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)を主役に据えた本作は、スティーブからサムに託された盾の継承をテーマとする物語。すなわち、スティーブ・ロジャースの不在こそが物語のカギなのだ。

Ace Universeのオンラインイベントで「盾を託した身として、セバスチャンとアンソニーに伝えたい知恵はありますか?」と尋ねられたクリスは、「いや、特にないですね」とコメント。その代わりに、二人に対する大きな信頼を口にしている。

「セブ(セバスチャン)とは最初の『キャプテン・アメリカ』からずっと一緒でしたから。何か知恵を伝えようなんて、ちょっと何様なんだよって感じがしますよね。それに、二人ともすごく腕があるし、今までマーベルに参加してきて、役柄のこともよく分かっている。二人とも絶対に大丈夫です。」

クリスいわく、アンソニー&セバスチャンがMCUでのやり方をつかんだのは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)のころだったとか。『アベンジャーズ』(2012)などにも連続で出演してきたクリスと二人では、MCUへの馴染み方が少々違ったのだろう。「二人は実際に仲良くなっていますし、マーベルはキャラクターを再開発するコツを知っています。同じことを繰り返さず、新鮮でユニークなものを作る。二人の友情が、楽しくて特別なものになることを楽しみにしています」

ちなみにクリスの興味は、これまで映画で展開されてきたMCUの世界が、いかにしてドラマへと拡張されるかという点にもあるようだ。「マーベルはとてもスムーズに、かつ見事にストリーミングの世界へ参入しましたね」とその手際を称えている。「僕はまだ『ワンダヴィジョン』を観ていないんですが、毎日(SNSの)トレンドに入っていた。みんなに愛される作品だったということです」。

あわせて読みたい

Sources: Ace Universe, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly