Menu
(0)

Search

「オビ=ワン・ケノービ」ユアン・マクレガー、ヘイデン・クリステンセンのダース・ベイダー復帰に「背筋がゾクゾク」─ 再共演には「変な感じだった」

オビ=ワン・ケノービ
C)2022 Lucasfilm Ltd.

Disney+(ディズニープラス)によるドラマ「オビ=ワン・ケノービ」はそのタイトルが示す通り、ユアン・マクレガーふんするオビ=ワン・ケノービを主人公とした作品で、あのアナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーヘイデン・クリステンセン)が再登場する。ユアンはヘイデンの“帰還”をどう感じたのだろうか?

ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)から10年後。「オーダー66」によってすべてのジェダイは抹殺されていたが、オビ=ワンやヨーダといったごくわずかなジェダイたちはこれを逃れ、身を潜めていた。

“ムスタファーの対決”以来となる、ジェダイ・マスターのオビ=ワンとパダワンのダース・ベイダーの再会、直接対決に期待が高まっている本作。Entertainment Weeklyにてユアン・マクレガーは、ヘイデン・クリステンセンがダース・ベイダー役として復帰したことについて、「その姿を見たときは何だか背筋がぞくぞくしました。本当に素晴らしかったです」と説明している。

「とにかくヘイデンと会えて嬉しかったです。彼とはとても仲が良くて、何年も連絡を取り合っていたのですが、長いあいだ会ってはいなかったんです。そこで久しぶりに会うことになったのですが、とても素敵な時間でした。実際に会うのは何年ぶりのことだったのかはわかりません。[中略]とにかく彼のことが大好きなんです。私たちは、3作品のうち2作品を一緒に作ったという特別な絆で結ばれているんですよ。」

15年以上の時を経て、『スター・ウォーズ』作品で再共演を果たしたことについて、ユアンは「とにかく変な感じでした」と話している。どうやら、「『エピソード3』から現在までの期間が存在しなかったみたいだった」とのことだ。

「不思議なことに、まるで時間が経っていないかのような感覚でした。セットで彼と向き合ったのですが、彼は今はアナキンで、私は今やオビ=ワンで、まるで何もなかったかのようで。彼の顔からは年齢を感じさせられませんでしたよ。」

ユアン・マクレガーがオビ=ワン・ケノービ、ヘイデン・クリステンセンがアナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダーとしてカムバックするドラマ「オビ=ワン・ケノービ」は、2022年5月25日(水)より独占配信開始となる。

Source:Entertainment Weekly

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly