Menu
(0)

Search

DC『スーサイド・スクワッド』デヴィッド・エアー監督、「ファック・マーベル!」発言を謝罪

アメリカ時間で8月2日に行われた映画『スーサイド・スクワッド』ワールドプレミア壇上。監督のデヴィッド・エアーはマイク越しにはっきりとこう叫んだ。

「ファック・マーベル!」

バットマンやスーパーマンらが登場する『ジャスティス・リーグ』シリーズに今回の『スーサイド・スクワッド』などを抱えるDCは、アベンジャーズやスパイダーマンらの成功目覚ましいマーベルとライバル関係にある。これまで『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』のザック・スナイダー監督がマーベル作品をディスるなど、DC映画関係者は何かとマーベルに食って掛かることが多い印象だ。

「バットマンとスーパーマンは、スーパーヒーロー映画を超越している。だって、バットマンとスーパーヒーローだよ?
いま話題になっているアントマンとは違うんだよ。別に意地悪言うわけじゃないけど、とにかくそうなんだ。次のブランク・マンはなんだろうね?(ブランク=空白)」『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』あらすじと見どころを解説

インスタグラムでは、件の発言の映像がアップされている。

#suicidesquadpremiere 1

el tigreさん(@samirsamuraieme)が投稿した動画 –

しかし、さすがに品がないと反省したのか、デヴィッド・エアー監督はその後自身のTwitterでこの発言について謝罪。

 

「その節はつい”ファックマーベル”なんて言ってしまって申し訳ございません。誰かが言っているのが聞こえたのでつられてしまったんです。良くない事です。先輩フィルムメーカーをリスペクトしています。」

気になるのは、「ファック・マーベル!」発言の瞬間、会場がそこまで盛り上がってないように感じられるところだ。一部の熱心なDC信者は歓声を挙げただろうが、その他大勢は「また物騒なこと言ってるよ」と冷ややかだったのだろうか?

映画『スーサイド・スクワッド』全米公開はいよいよ8月5日全米公開。日本公開は9月10日まで待たなくてはならない。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly