Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』に『スーパーコンボ』組再合流の可能性 ─ ドウェイン&ステイサムは「ファミリーの一員」とジャスティン・リン監督

ワイルド・スピード/スーパーコンボ
(C) 2019 Universal Studios. All Rights Reserved.

全11作での完結が判明しているカーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズに、スピンオフ映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)で主演を務めるルーク・ホブス役のドウェイン・ジョンソンとデッカード・ショウ役のジェイソン・ステイサムが再合流するかもしれない。最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』で監督復帰を果たすジャスティン・リンが示唆している。

『ワイスピ』初のスピンオフ作品として、『スーパーコンボ』を成功に導いたドウェインとステイサムは、メインシリーズには前作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)まで出演。もっとも、ふたりは最新作『ジェットブレイク』には出演しておらず、ファンの間で『スーパーコンボ』を境にメインシリーズに再登場しないのではないかという懸念もあった。

その懸念を高めた大きな要因が、『スーパーコンボ』で製作を兼ねたドウェインと、メインシリーズ主演・製作のヴィン・ディーゼル&ローマン役タイリース・ギブソンとの間でそれぞれ生じていたとされる確執だ。しかし現時点では、どちらの確執も解消されていることが判明しているため、ドウェインとステイサムのメインシリーズ再合流にも再び期待が高まっていた。

そんな中、第9作『ジェットブレイク』ときたる第10&11作でもメガホンを取るリン監督が、ドウェインとステイサムのメインシリーズ再集結をほのめかしている。米Deadlineのインタビューにて、第10&11作に2人が出演する可能性を問われたリン監督は、「彼らが(シリーズを)去ってしまったなんて考えたことはほんとに一度もありません」と答えたのだ。「私にとって、彼らは一つのユニバース内にいます」と監督は続けている。

彼らはファミリーの一員です。次の章に関して何かをしたり、話したりするときはいつも、制限などは感じないです。これから築きあげるものや、このサーガの最終章で進むものにはワクワクしています。再訪することが楽しみです。いかなるキャラクターにおいても、どんな状況でも、議題に上がると思いますよ。」

こう話すリン監督は『ジェットブレイク』にて、さっそくファミリーの再会を実現させる。死んだと思われていたハンをはじめとする、第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)勢が揃って帰ってくるのだ。また、リン監督はシリーズ3〜6作目を手掛けており、『ワイスピ』ユニバースを最も把握している人物のひとりであるはずから、完結2作でのファミリー総結集を実現させるのに適任と言えるだろう。

ちなみに『スーパーコンボ』は現在、続編映画の脚本作業が水面下で進行中。プロデューサーを務めるハイラム・ガルシアによれば、『ワイスピ』メインシリーズを意識した製作が行われているという。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly