Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』続編、脚本作業が進行中 ─ メインシリーズとは「切り離されたものにはならない」

ワイルド・スピード/スーパーコンボ
©UNIVERSAL PICTURES

ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)続編映画の脚本作業が、水面下で進行していることがわかった。プロデューサーを務めるハイラム・ガルシアが進捗を明かすと共に、完結が判明している『ワイスピ』メインシリーズを意識した製作が行われていることを伝えている。

『スーパーコンボ』は、ドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスとジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウを主演に据えた『ワイスピ』シリーズの新機軸。前作のヒットを受けて続編製作が決定していたが、去る2021年3月1日(現地時間)に、プロデューサーのケリー・マコーミックがキャストのスケジュールの都合とコロナ禍の影響で、製作が一時中断されていることを明かしていた

このたび新たに、プロデューサーのハイラム・ガルシアが米Comicbookのインタビューにて進捗を報告。「我々は常に先を見越して考えています。素早く(企画を)進行させてきました」と製作への姿勢を語るガルシアは、「いま取り組んでいる本当に素晴らしい物語があります」と、『スーパーコンボ』の脚本作業を報告している。

「クリス・モーガンが書いてくれていますし、それ自体が美しいことだと思います。これが『ワイルド・スピード』ユニバースですから。(メインシリーズとは)切り離されたものにはならないと思いますし、『ワイルド・スピード』ユニバース内で全て動くと思います。母体は『ワイルド・スピード』ですし、愛されていますから。多くのファンもいますし。その中で伝えるべき物語はたくさんありますよ。」

クリス・モーガンとは、『ワイルド・スピード』シリーズ第3作以降、『スーパーコンボ』を含めた全『ワイスピ』作品の脚本を手がけてきた人物。いわば『ワイスピ』に一番詳しいモーガンが『スーパーコンボ』続編でもストーリーを構築するということで、安心して待ちたいところ。ホブスとショウの再合流を望むファンも多いから、メインシリーズとの関連性が存分に意識されたストーリーに期待したい。

あわせて読みたい

Source: Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly