Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』第2作ヒロインのモニカ再登場なるか ─ 「10作目を待て」ヴィン・ディーゼルが示唆

Eva Mendes エヴァ・メンデス
Photo by nicolas genin https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Eva_Mendes_66%C3%A8me_Festival_de_Venise_(Mostra)_5.jpg

全11作での完結が判明している『ワイルド・スピード』シリーズ。一大サーガの幕切れを控え、そして最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』で実現するハンの復活が後押しとなり、ファンの間では過去作に登場したキャラクターの再登場が期待されている中、主演と製作を兼任するヴィン・ディーゼルが、きたる10作目であるキャラクターの再登場を示唆した。第2作『ワイルド・スピードX2』(2003)に登場したヒロイン、エヴァ・メンデスが演じたモニカ・フェンテスだ。

ディーゼルが、モニカについて口を開いたのは米Entertainment Weeklyとの対談企画にて。モニカの話題になると、ディーゼルが「10作目を待ってください」と気になる発言を繰り出したのだ。「あなたたちも知っているように、スタジオは“1作だけでは網羅すべき全ての領域をカバーしきることはできない”と言っていますよね。何がやって来るのか、想像することしかできないですよ」。

なぜ対談企画でモニカの話題があがったのかというと、ドムの恋人レティの歴史を辿っていく中で、関わりの深い重要人物として、モニカを演じたメンデスの名をディーゼルが挙げたため。FBI捜査官であるモニカは第5作『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011)のミッドクレジットシーンで再登場を果たし、死んだと思われていたレティの生存をホブスに知らせていたのだ。

第10作の脚本はすでに進められていることが判明済み。プロデューサーとしてもシリーズに携わるディーゼルだから、第10作のアイデアについて何か知っている、もしくは提案していることがあるのかもしれない。第9作『ジェットブレイク』が封切られていない以上、第10作の展開を予想することは困難であるが、FBI捜査官であるモニカの再登場は、例えば死んだと思われていたハンの復活に比べると実現しやすいように思える。

なお、『ジェットブレイク』にはハンのほかにも、第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)からショーンやトゥインキー、アールが復活する。ファミリー再集結の兆しが見える中、完結の一歩手前である第10作では懐かしのキャラクターが更に帰ってくるのでは…?

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly