Menu
(0)

Search

『名探偵ピカチュウ』続編の可能性いかに、ジャスティス・スミスは後ろ向きも「ぜひ参加したい」

名探偵ピカチュウ
©2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ©2019 Pokémon.

映画『名探偵ピカチュウ』は、『ポケットモンスター』シリーズへの敬意と愛情、ファンへのサービス精神をたっぷりと詰め込み、絶大な評価と驚異的な世界興行収入を記録した。メガヒットとなった本作で気になるのは続編の行方だが、現状はいかに?

2019年5月の本作劇場公開に先がけること3ヶ月以上、製作のレジェンダリー・ピクチャーズは、早くも続編の企画に着手していた。物語のその後を描くため起用された脚本家は、『クローバーフィールド・パラドックス』(2018)『ソニック・ザ・ムービー』(2020)などのオーレン・ウジールだ。

もっとも、オーレンによる続編の構想がどのようなものかは明らかになっておらず、現時点で大きな製作への動きも見られない状況が続いている。そんな中、米Inverseのインタビューにて、前作で主人公役を演じたジャスティス・スミスは、「もほや望みを捨てるしかなさそうです。実現はしないでしょう。ただ、やってほしいとは思っています。この作品の大ファンなので、僕自身は願っていますが、どうなるのかはわかりません」と話している。

この発言が、自身の続投についてなのか、それともそもそもの企画の実現の可能性について言及しているのかは定かでないが、スミスは「『名探偵ピカチュウ2』に、是非とも参加したい」と復帰には前向きな姿勢を示している。ちなみにプロデューサーのアリ・メンデスは以前、「いつかすべてのポケモンを登場させたい」と野心も語っていた。こればかりは実現することを祈るしかなさそうだ。

Source: Inverse

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly