Menu
(0)

Search

『名探偵ピカチュウ』続編の可能性いかに、ジャスティス・スミスは後ろ向きも「ぜひ参加したい」

名探偵ピカチュウ
©2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ©2019 Pokémon.

映画『名探偵ピカチュウ』は、『ポケットモンスター』シリーズへの敬意と愛情、ファンへのサービス精神をたっぷりと詰め込み、絶大な評価と驚異的な世界興行収入を記録した。メガヒットとなった本作で気になるのは続編の行方だが、現状はいかに?

2019年5月の本作劇場公開に先がけること3ヶ月以上、製作のレジェンダリー・ピクチャーズは、早くも続編の企画に着手していた。物語のその後を描くため起用された脚本家は、『クローバーフィールド・パラドックス』(2018)『ソニック・ザ・ムービー』(2020)などのオーレン・ウジールだ。

もっとも、オーレンによる続編の構想がどのようなものかは明らかになっておらず、現時点で大きな製作への動きも見られない状況が続いている。そんな中、米Inverseのインタビューにて、前作で主人公役を演じたジャスティス・スミスは、「もほや望みを捨てるしかなさそうです。実現はしないでしょう。ただ、やってほしいとは思っています。この作品の大ファンなので、僕自身は願っていますが、どうなるのかはわかりません」と話している。

この発言が、自身の続投についてなのか、それともそもそもの企画の実現の可能性について言及しているのかは定かでないが、スミスは「『名探偵ピカチュウ2』に、是非とも参加したい」と復帰には前向きな姿勢を示している。ちなみにプロデューサーのアリ・メンデスは以前、「いつかすべてのポケモンを登場させたい」と野心も語っていた。こればかりは実現することを祈るしかなさそうだ。

Source: Inverse

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly