Menu
(0)

Search

【解説】『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』なぜハンは復活するのか ─ 監督「決して軽く考えていない」

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved...

人気シリーズ『ワイルド・スピード』第9作、ワイルド・スピード/ジェットブレイクの予告編映像が公開となった。映像の最後には、死んだはずの人気キャラクター、ハンがカムバックを果たしており、ファンの間で大きな話題となっている。

一体、なぜハンは復活するのか。『ワイスピ』シリーズにおけるハンの運命を振り返りながら、ハンを演じたサン・カン、『ジェットブレイク』ジャスティン・リン監督の言葉を見てみよう。

『ワイスピ』ハンは死んでいたはず

ハンは、『ワイルドスピード MAX』(2009)、『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011)、『ワイルドスピード EURO MISSION』(2013)で活躍した人気キャラクター。ファミリーのメンバーとしてはシリーズ唯一のアジア系である。天才的なドライビング・テクニックや、常にスナック菓子をつまむ飄々としたキャラクター性が人気を博した。劇中では、ガル・ガドット演じるジゼルと恋に落ちる。

『ワイルド・スピード EURO MISSION』より
©Universal Pictures

公開年は逆流するが、物語の流れとしては『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)で東京・渋谷のスクランブル交差点付近にて何者かの車に激突され、車体が爆発炎上。車内に取り残されたハンもそのまま死亡したものとして、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)ではファミリー一同がハンの葬儀に参列する場面もある。『ワイルドスピード EURO MISSION』では、その犯人がジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウであることが判明する。

ハンの死は、ファミリーにとって悲劇的な別れとなったはずだが、シリーズはその後少々意外な展開を迎える。ハン殺害の実行犯であるはずのデッカード・ショウが、ファミリーに迎え入れらるのだ。さらに、ショウを主役のひとりとしたスピンオフ映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)まで製作される。こうした姿勢に疑問を覚えたシリーズのファンは、ハッシュタグ「#JusticeForHan」を通じて、「ハンに正義を」と訴えてきた。

ハン、まさかの復活

そのハンが帰ってきたのだ。復帰を伝える公式ティーザーイメージに掲げられた「Justice is Coming」とは、ファンの声「Justice For Han」に応えるものである。

予告編映像が世界初解禁となった米マイアミ開催のワイルド・スピードのコンサート・イベント「The Road to F9」では、ハン役サン・カンとステージを共にしたドム役ヴィン・ディーゼルが「これがファミリーだ!」と宣言、サン・カンも「帰ってきたよ!」と叫んだ。観客からは「ウェルカム・バック!」のコールが上がる一幕もあり、どこからか「Justice For Han!」という声も響いた。

「感動的ですね。ファミリー再会って感じ。」サンはこのイベントで、米Los Angeles Timesに語っている。「僕の人生の中でも、前回の『ワイスピ』から欠けていた絆のように思います。」

サン自身も、ハンを葬ったデッカード・ショウの仲間入りには疑問を抱いていたという。「ショウが登場して、彼が殺しの犯人だったことが判明したのに、ファミリーの中に招待されていったのを見た時には…、“本当にこのキャラクターへの敬意があるんだろうか?”と思いましたよ。」

奇しくも、ハンの復帰とジャスティン・リン監督の復帰は『ジェットブレイク』で同期することとなった。「僕たちは、ハンが誰で、何者であるかを分かっています」とサンは語っている。「僕たちも年を重ねた。ハンも年を重ねました。自分たちの私生活で学んだようなことが、スクリーンに活かせられていたら嬉しいです。」予告編では、すっかり丸くなった雰囲気のハンに会えるが、その魅力も円熟したということか。

「僕自身、あのキャラクターには個人的な思い入れがあるんです。」『ジェットブレイク』でハンを復帰させたジャスティン・リン監督は、英Entertainment  Weeklyに解説する。「正直な所、僕たちがやり始めたころは、『ワイスピ』ファンのコミュニティも今ほどじゃなかった。僕は、観客との繋がりは、どんなものでも守りたいと思っています。たまに、続編があることを当たり前のように思う人もいるでしょう。続編は勝手に作られるものだと。でも僕は、なんとしても続編にこぎつけたいといつも考えています。だって、ハンとの旅を続けたいから……。」

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved…

ここではジャスティン監督からも、「Justice For Han」に呼応するような思いが語られている。

「僕が(シリーズを)去った時、これは適切なことだと思いましたし、キャラクターたちを寝かしつけるような感じでした。でも、僕にとってどうしても解せないことが、いくつか起こった。だから、もし自分が戻るなら、どうしてそうなったのかを掘り下げたかったんです。彼を復帰させて、今までのようにテーマを探求する。それは、僕たちにかかっていると思います。」

死んだと思われたハンの復活劇を目の当たりにして、ファンの間では「もう『ワイスピ』は何でもありだ」とする声も聞こえてくる。しかしジャスティン監督は、「この世界では、出来事には理由があるものだ」と語る。「詳しい話はできませんが、僕は彼の復帰を、決して軽く考えてはいません。というか、大変なことでした。ありがたいことに、このユニバースは本当に成熟してくれましたし、だからこそ僕たちも進化することができた。先に進むごとに、自分たちを再定義することができるんです。」

サン・カンからは、ハン復帰の理由について、ほんのりとヒントも明かされている。全てはシリーズのテーマである「ファミリー」に紐付いているというのだ。

ハン復活という衝撃的なサプライズが待っていた『ジェットブレイク』初映像だが、まだまだお楽しみがありそうだ。ジャスティン・リン監督は「あの予告編には入っていないものが、まだまだ沢山ありますよ」と、楽しみな予告も残している。

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は2020年5月29日(金)全国超拡大公開。

予告編解説はコチラ

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly