Menu
(0)

Search

『フェイス/オフ』新作映画に『ゴジラvsコング』アダム・ウィンガード監督が就任 ─ オリジナル版の続編として進行

フェイス/オフ
© Buena Vista 写真:ゼータ イメージ

ジョン・トラボルタ&ニコラス・ケイジのW主演による名作アクション映画『フェイス/オフ』(1997)の新作映画の監督に、『ゴジラvsコング』(2021年5月公開)のアダム・ウィンガードが就任することがわかった。米Deadlineなどが報じている。

『フェイス/オフ』は、息子を殺されたFBI捜査官アーチャー(トラボルタ)と、殺害犯であるテロリストのトロイ(ケイジ)の追跡劇を描いた作品。『男たちの挽歌』シリーズで知られる香港の映画監督ジョン・ウーがメガホンを取り、「顔の交換」という斬新な設定で話題を呼んだ。

このたび、監督に起用されたウィンガードは、『ビューティフル・ダイ』(2010)『サプライズ』(2011)『ザ・ゲスト』(2014)などでタッグを組む脚本家サイモン・バレットと共同で、脚本も執筆する。ウィンガードは、現代で新たに蘇る本作をリメイクとしてではなく、オリジナル版の続編として検討しているという。ただし、キャストについては一新される方針とのことだ。

2019年9月に伝えられた第一報では、脚本に『22ジャンプストリート』(2014)や『クローバーフィールド・パラドックス』(2018)のオーレン・ウジールが就任していたが、ウィンガードとバレットの起用により離脱となった。プロデューサーは、『ワイルド・スピード』シリーズのニール・モリッツ。オリジナル版を手がけたデヴィッド・パーマットが製作総指揮として名を連ねている。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly