Menu
(0)

Search

ドナルド・トランプのカラクリ、すべて暴きます! 映画『華氏119』予告映像が到着 ― マイケル・ムーア最新作

華氏119 マイケル・ムーア
ⓒPaul Morigi / gettyimages

アメリカの銃社会に風穴を開けた『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002)、ブッシュ政権を痛烈に批判した大ヒット作『華氏911』(2004)で知られるマイケル・ムーア監督が、いよいよアメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプに挑む…。

2018年11月2日(金)に公開される“まさかのチェンジ・ザ・ワールド・エンターテイメント”、映画『華氏119』より、このたび本予告映像が到着した。

このたび公開された予告映像は、冒頭から警告音とともに「あなたも、“トランプ慣れ”していませんか?」と見る者に痛烈なパンチを浴びせる。「2016年11月9日。ドナルド・トランプが、大統領の勝利宣言をした日」。『華氏119』というタイトルの“119”という数字の意味が示され、その背景には涙を流すアメリカ国民の姿が……。

トランプ大統領の「アメリカン・ドリームは終わった」という言葉、“人種差別”、“ツイッター炎上”、“虚言暴言”、“権力至上主義”、“スキャンダル”、“独裁者”。トランプ大統領を徹底批判する言葉の数々に続いて登場するのは、なんとヒトラーのスピーチ映像にトランプ大統領の声を当てた本編映像だ。さらに1998年、トランプ大統領とムーア監督がトーク番組で共演した際の映像では、トランプ大統領が「私の映画は撮らないでくれよ」と口にする場面が使用されている。

華氏119
©2018 Midwestern Films LLC 2018
華氏119
©2018 Midwestern Films LLC 2018
華氏119
©2018 Midwestern Films LLC 2018

しかし今回のムーアが試みたのは、トランプ大統領をただ批判することではないようだ。「マイケル・ムーア砲、アメリカ直撃!」とのコピー通り、多くのアメリカ国民に愛されたオバマ元大統領や、最後までトランプ大統領と争った民主党のヒラリー・クリントンもムーアの標的になっているようなのである。おなじみの突撃取材で警察と“いつものように”揉める姿、「逮捕に行くぞ」と手錠を持ってミシガン州の州会議堂に乗り込む姿などからは、マイケル・ムーア監督の変わらぬ姿勢がうかがえるだろう。

2016年7月、ムーアは大統領選のさなか、「大統領選にトランプが勝利する5つの理由」というエッセイを執筆し、その予測を見事に的中させている。本作『華氏119』ではトランプ大統領の糾弾に留まらず、政治経験のないリーダーが悲劇を生むこと、前大統領のオバマの真実や対立候補者であったヒラリーの失敗、さらに少数派であるはずのトランプ支持者がアメリカの意思となっていく“カラクリ”が鋭く暴かれていくという。

この映画は、果たして2018年11月の中間選挙に一撃を与えることができるのか。マイケル・ムーアによる、命がけの“チェンジ・ザ・ワールド・エンターテイメント”がまもなく日本上陸だ。

映画『華氏119』は、2018年11月2日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

『華氏119』公式サイト:https://gaga.ne.jp/kashi119/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly