Menu
(0)

Search

ディズニー『フェアリー・ゴッドマザー』は現代の子供のためのファンタジー・コメディ ─ マッケンジー役、エレノア役インタビュー

フェアリー・ゴッドマザー
(C)2020 Disney

おとぎの世界の妖精が“女の子たち”の願いを叶えるために大奮闘する姿を描く、Disney+ディズニープラス)オリジナルで贈るクリスマスファンタジー映画『フェアリー・ゴッドマザー』が、2020年12月11日(金)より独占配信となる。

本作は、『ブリジット・ジョーンズの日記』を手掛け、等身大の女性を描くことを得意とするシャロン・マグアイア監督が描く、現代社会に降り立った妖精と希望を忘れかけた大人の女性のハートフル・コメディ

この度、配信開始に併せて、ハッピーエンドを諦めたシングルマザーのマッケンジー役アイラ・フィッシャーと見習い妖精の魔法使いエレノアを演じたジリアン・ベルよりインタビューが到着した。

クリント・イーストウッド特集
フェアリー・ゴッドマザー
(C)2020 Disney

『フェアリー・ゴッドマザー』インタビュー

──『フェアリー・ゴッドマザー』は、クラシックなディズニー映画でありながら、21世紀らしく、コメディの要素もあって、とても大切なメッセージを伝えています。脚本を読んだ時に、どう思われましたか?

魔法使いエレノア役ジリアン・ベル(以下、JB): 最初に脚本を読んだ時は、すごく興奮しました。エージェントが、「マジカルな作品をやりたがっていたよね、良い作品を見つけたよ」と、本作の脚本をくれたんです。でも「オーディションを受けて、頑張って監督を納得させないと。あなたはこの役にぴったりのタイプではないから」とも言われました(笑)。それは自分でも理解していて、でも脚本を読んでみると、ものすごく気に入りました。しかも、マッケンジー役にはもうアイラが決まっていると聞き、なんとしてもこの役が欲しいと思いました。この映画に出るために、どんな努力でもしようと決めていたので、出られることになり、とても嬉しいです。

マッケンジー役アイラ・フィッシャー(以下、IF): 私も、脚本を気に入り、とても感動しました。これはおとぎ話を現代の視点で語っています。世の中にはステレオタイプや、聞かせるのに相応しくない話がたくさんあるので、私自身も母親で、子供たちにどんな話を聞かせるべきか、いつも考えています。この作品に携われることで、家族みんなで見られる、素敵な映画を作るチャンスだと思いました。

フェアリー・ゴッドマザー
(C)2020 Disney

──新たな価値観を伝えるこの映画を見ることができて、今の子供たちはとても幸運ですね。

JB:私たちの世代は、物語における”ハッピーエバーアフター”=「いつまでも幸せに」というのは、王子様がいて、美しいドレスがあって、お城があって、と思い込まされていました。でもこの映画では、より現代的な視点から語っています。

──ふたりの友情もストーリーの見どころです。実際にお二人も仲が良さそうですが、最初から意気投合したのでしょうか?

IF: 私たちは腎臓結石で打ち解けたんです。

JB: (爆笑)そうでした。忘れていました。

IF: ここで詳細は言えませんが、私たちはお互いに辛い経験をしたので、その時に、「仲良くなれる」と思いました。

JB: 「私たちは友達だ!」という感じです(笑)。最初のリハーサルから、これは楽しくなると思いました。ユーモアのセンスも、モラルも同じだったからです。そういう人と組めることは、とても楽しいです。

フェアリー・ゴッドマザー
(C)2020 Disney

──共演シーンの中で一番のお気入りはありますか?

JB:部屋で二人がベッドに横たわり、初めて心が通じるシーンです。あれはとても素敵でした。それまでいろいろあった二人が、ようやく友達になれたシーンで、撮影するのが楽しみでした。

IF: 私も同感です。あれは素敵なシーンでした。でも、雪のシーンも楽しかったです。ジリアンがドレスを着て、ニセモノの雪が積もった山のてっぺんにいる様子は、強く記憶に残っています。本当に楽しい時を過ごすことができましたよ。ほかの共演者とも、みんな本当に仲がよく、可能な限り、一緒にランチをとったり、出番がない時はすぐに自分のトレーラーに帰るなんていうことはしませんでした。

JB: ただ、撮影では大変なこともありました。特に気候には悩まされて、とても寒く、早朝まで撮影することもあって。撮影仲間に恵まれたのは、とりわけ素敵なことでした。

──ほかの共演者も、みんな楽しい方たちで、頭が良くて面白くて、幅広い世代の女性が集まりましたね。

JB: はい。これはアイラにも言っていませんが、私は撮影の1週間前に、ジェーン・カーティンが出演することになったことを知らなかったんです。それで、とあるレストランで彼女を見たかけたときに、彼女に駆け寄り「お邪魔してすみません。こういうこと(突然話しかけること)をするべきでないと思いますが、あなたは本当に天才的で私のアイドルです」と話しかけたことがありました。その後、今作で共演できることになって、すごく驚きました。

IF: 私も彼女の前では緊張しました。彼女と一緒に写真を撮りたかったのですが、緊張してしまい、最終日に皆が(彼女と一緒に写真を撮ってもらおうと)並んでいて、私も勇気を出してお願いしました。

──娘役の子供たちとの共演はいかがでしたか?

IF:娘役の二人は才能豊かで、プロフェッショナルで、実年齢より賢くて、とてもいい子たちでした。それに、とても我慢強いです。家に明かりが点くシーンを撮影する時なんて、とても寒くて、私は立っているだけで精一杯でした。ストーリーの流れ上、家の中でセーターを着ていてそのまま外に出るので、コートを着るわけにもいかなかったんです。でも、二人は一度も不満をこぼしませんでした。彼女たちのことは大好きで、撮影が終わる頃には、本当の母親のように感じていました(笑)。

JB: アイラもすばらしかったです。今作ではたくさんの素敵な思い出がありますが、アイラ、そして、娘役の二人と共演できたことは、その中でも特に印象的です。魔法の要素にもとても興奮していたのを覚えています。あと、ホットチョコレートから巨大なマシュマロが出てくるシーンを初めて撮影した時にウィラが目をまん丸にしていたのは忘れられません。「こういうことのために、私たちはこの映画を作っている」と再確認しました。

フェアリー・ゴッドマザー
(C)2020 Disney

──2020年は多くの人にとって辛い年になりました。そんな中でこの映画を世の中に届けることを、どう感じていますか?

JB: この作品を通して、ほんの一瞬でも、違う世界に誘うことができたら嬉しいです。良識も、愛も、ハッピーエバーアフターも、そして、魔法もあるのだと思い出して欲しいです。ただし、子供の頃に思っていたものとは違う形で、今の子供たちは、現代にあったストーリーを見ることができます。多様性を受け入れる、そういう映画に参加できたのは素敵なことでした。

IF: 同感です。親としては、コロナ禍で友達と会えない中、子供が心を惹かれる良い作品を見つけてあげるのはとても難しいです。この映画も、あと1年くらい公開されないままかと思っていましたが、ディズニーがこのような判断をしてくれて嬉しいです。ほかの多くの親たちも、きっと喜ぶと思います。

フェアリー・ゴッドマザー
(C)2020 Disney

『フェアリー・ゴッドマザー』は、ディズニープラスにて2020年12月11日(金)より独占配信。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly