Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』20周年特別ビデオでファミリー祝福 ─ ポール・ウォーカー「家族と友だちが全て」

F9
https://youtu.be/C6k4PmFVRsQ

2021年6月22日、本国アメリカで『ワイルド・スピード』シリーズが20周年を迎えた。これにあわせて、レガシーを祝福する動画が公開されている。

20年前、低予算のカーレース映画にはじまった『ワイスピ』は、回を重ねるにつれて人気を獲得してきた。いまやシリーズ累計世界興行収入は5,000億円を突破し、主人公のひとり、ブライアン・オコナーを演じたポール・ウォーカー最後の作品『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)は、歴代世界興行収入第9位を記録している。

6月25日には、アメリカで『ワイスピ』最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』が封切られることになる。先がけて、グローバルプレミアムイベントが開催されるなど、ハリウッドは『ワイスピ』祝福ムード一色だ。

そんな中、これまでの20年間を振り返る特別映像「F9 x Fast is Back」が新たに公開。第1作から『ジェットブレイク』まで、製作の舞台裏やヴィン・ディーゼルやポール・ウォーカーらファミリーのインタビュー映像が映し出されていく。シリーズが辿った変遷を感じることができる。

『ワイスピ』は、早くから多様性を意識した作品づくりを実現してきた。ローマン役タイリース・ギブソンは、2003年公開の第2作『ワイルド・スピードX2』当時に「この映画にはどんな国籍であれ、誰でも参加しています」と語っていた。2013年に亡くなったブライアン役のポールも「この作品は家族と友だちが全てなんです」と、当時からファミリーの絆を熱弁。規模やストーリーは大きくなれど、『ワイスピ』が変わらずファミリーを大切にしてきた証拠だ。

映像後半では、『ワイスピ』の現在地である『ジェットブレイク』の製作の舞台裏が流される。シリーズを牽引してきたヴィン・ディーゼルは、「これまでのチャプター全てで私たちは期待を超えようとしてきました。まだまだ知らないことがやってきますよ」と豪語。テズ役のリュダクリスも「これ以上のサプライズは無いでしょうと思われたら、また全部やるだけです」と今後の『ワイスピ』に自信をにじませている。

また、米公式Instagramアカウントからは、歴代ファミリー一人ひとりを写したポスタービジュアルが公開されている。日本では8月6日公開予定の『ジェットブレイク』に備えて、ファミリーが築き上げたこれまでを感じてほしい。

この投稿をInstagramで見る

#F9(@thefastsaga)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

#F9(@thefastsaga)がシェアした投稿

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly