Menu
(0)

Search

『ワイスピ』&『ジュラシック・ワールド』クロスオーバー、クリス・プラットが「やりましょう」 ─ ミシェル・ロドリゲスに続き

クリス・プラット Chris Pratt
photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Chris_Pratt_(28045470154).jpg

米ユニバーサル・ピクチャーズが手がける二大フランチャイズワイルド・スピード』と『ジュラシック・ワールド』シリーズのクロスオーバーに前向きな人物がまた現れた。『ワイルド・スピード』からはレティ役のミシェル・ロドリゲスがやる気を見せていたが、今回名乗りを上げたのは『ジュラシック・ワールド』シリーズで主演を務めるクリス・プラットだ。

『ワイルド・スピード』と『ジュラシック・ワールド』のクロスオーバー案は、ファンの間で強く望まれているいちアイデアであり、公式な情報は一切無い。しかし、2021年4月にこのアイデアを耳にしたミシェル・ロドリゲスが「最高です。乗りました」と発言したことで、話題が大きく広がった。

仮に実現するとならば両シリーズの合意が必要だが、このたび『ジュラシック・ワールド』側からも賛成の声が上がった。米Cinema Blendのインタビューにて、『ワイスピ』『ジュラシック・ワールド』クロスオーバーへの意見を訊かれたクリス・プラットは「それは聞いてませんね!」と答えながらも、「いいですね、やりましょうよ」と、ものすごく前のめり。その理由について、「もしT-レックスでも壊せないものがあるとしたら、それはファミリーですから」と答えている。

どうやら、プラットの考えでは「恐竜vsファミリーの絆」がストーリーの軸となるようだ。『ワイスピ』を意識したアイデアを当意即妙に出したプラットは、改めて「もしそれをファンが望んでいるのなら、僕は参加しますよ。最高じゃないですか」とやる気を見せている。

ところで、プラットと『ワイスピ』主演のヴィン・ディーゼルは、マーベル作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズで共演しており、ある意味すでにファミリーだ。プラットも「ヴィンとご一緒したいです」と、別の形での再タッグを望んでいるようだから、ぜひ『ワイスピ』『ジュラシック・ワールド』のクロスオーバーで実現してほしいものだ。

あわせて読みたい

Source: Cinema Blend

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly