Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド』第3作、オーウェン&『ジュラシック・パーク』3人組の物語が並行展開へ ─ 「2つは交わる」と監督

ジュラシック・ワールド/炎の王国
(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

ジュラシック・ワールド』シリーズ第3作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題:Jurassic World: Dominion)』では、2つのメインストーリーが同時並行で描かれるという。監督を務めるコリン・トレボロウが、謎多き物語の展開を示唆している。

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』には、オーウェン役のクリス・プラットやクレア役のブライス・ダラス・ハワードら、レギュラーキャストが続投。前2作にそれぞれ出演したキャストの何人かも復帰することになる。それだけではない。『ジュラシック・パーク』シリーズから、アラン・グラント役のサム・ニール、イアン・マルコム役のジェフ・ゴールドブラム、エリー・サトラー役のローラ・ダーンのオリジナル3人が揃って再登場することも分かっている。

Colliderの取材に応じたトレボロウ監督によれば、主人公オーウェンのストーリーと並行して描かれるもうひとつのストーリーは、この3人に光を当てたもののようだ。

本作では2つの並行した物語を描いているのですが、2つは互いにどんどん近づいていきます。皆さんはそれらが交わるまでを理解することになりますし、実際に交わります。[中略]登場時間や物語での重要性など全てに関して、ローラとサム、ジェフは、クリスとブライスのように大きな役割を担うことになります。」

トレボロウ監督の発言から察するに、第3作の大筋として、オーウェン&クレアと『ジュラシック・パーク』の3人が再会するまでが描かれることになりそうだ。とはいえ、『ジュラシック・パーク』シリーズの3人も、最後に揃って登場したのは1993年の第1作『ジュラシック・パーク』にて。オーウェンら『ジュラシック・ワールド』組との再会も気になるが、3人が再会するまでの経緯にも期待したい。

なお、マルコム博士役のゴールドブラムは以前、ニールとダーンと3人で撮影したシーンついて明かしていた。いわく、3人は「見たこともない先史時代の生物の争いに脅かされる」というのだ。狭く閉ざされた空間で一日中撮影していたそうで、劇中では「命がけの状況」に陥ることになるという。

ちなみにトレボロウ監督は現在、現段階で仕上がっているカットを繰り返し確認しているのだとか。その理由は『ジュラシック・パーク』からのファンに向けられたものだった。「『ジュラシック・パーク』のコアなファンや、誓うほど大好きなの皆さんのためです」と監督。「そんな皆さんが、どのように感じるのかを確認しているんです。今回は、観客の皆さんを巻き込んだプロセスで製作が行われています」と語っている。2019年、トレボロウ監督は本作を「今までのシリーズに存在したもの全てを祝福する作品」と予告していたが、その通りに製作が行われているようだ。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly