『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ダンブルドアのゲイ設定は「明示しない」 ― ファンの反発にJ・K・ローリングが弁護

『ハリー・ポッター』新シリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が2018年冬に日本公開を控えている。その登場人物のひとり、ダンブルドアが同性愛者であるという原作の設定は、本作において明示されないようだ。
これに反発する一部ファンに対し、『ハリー・ポッター』シリーズ原作者のJ・K・ローリングは同作を弁護するコメントを残している。

シリーズ1作目『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)は、エディ・レッドメイン演じる魔法生物学者のニュートが魔女やマグル、魔法動物たちと冒険を繰り広げる物語。続編となる映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、前作の最後でアメリカ合衆国魔法議会MACUSAにより捕えられた闇の魔法使い・グリンデルバルドが脱獄してしまう。人間界を支配するという彼の野望を阻止するため、若きダンブルドアがニュートに協力を依頼する……というストーリーだ。ダンブルドアをジュード・ロウが、グリンデルバルドをジョニー・デップが演じる。

ダンブルドアの設定、『ファンタビ』続編では

のちに『ハリー・ポッター』シリーズでホグワーツ魔法学校校長になるダンブルドアには、かつて原作者J・K・ローリングが自身が明かした設定がある。彼は同性愛者であり、かつて悪に染まる以前のグリンデルバルドと恋に落ちていたというものだ。

では映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』にてダンブルドアのセクシャリティ、そしてグリンデルバルドとのロマンスは描かれるのだろうか。この問いに対し、デヴィッド・イェーツ監督は「明示することはないでしょう」と米Entertainment Weekly誌にて回答している。

でもファンの方なら全員気づくと思いますよ。彼(ダンブルドア)は若いとき、グリンデルバルドと非常に親密な関係でした。そのアイディアやイデオロギーに、お互い恋に落ちたんです。」

イェーツ監督はこのように、2人の恋愛関係が間接的に描かれるであろうことを示唆している。しかし「明示はしない」という発言に対し、ダンブルドアとグリンデルバルドのラブロマンスを期待していた一部ファンは、なぜこの設定を生かさないのかと反発しているようだ

 

反発するファンへ向け、J・K・ローリングはファンに向けてTwitter上でこんな投稿をしている。

「私の出席していないインタビューで(監督が「2人の関係を明示していない」と発言したことに対して)、ひどく言われてしまいました。でもお怒りになっている皆さんはまだ私が書いた脚本を読んでいませんよね。これはシリーズ5作品のうちのたったひとつで、ものすごく楽しいものです。皆さんは、楽しい”以上”のものが何であるかご存知ですか?」

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、2018年冬より日本公開予定。
『ハリー・ポッター』シリーズ4作品、そして『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を大ヒットに導いたデヴィット・イェーツ監督なら、きっとファンが納得する形でダンブルドアとグリンデルバルドの関係を表現してくれるはずだ。

(文:まだい)

Source: http://ew.com/movies/2018/01/31/fantastic-beasts-dumbledore-gay/
https://twitter.com/jk_rowling/status/958812726964424704
https://www.huffingtonpost.com/entry/dumbledore-gay-fantastic-beasts-sequel_us_5a71fc3de4b05253b275038c
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © JKR.

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。