『ファンタスティック・ビースト』TVゲーム化が進行中か

『ハリー・ポッター』シリーズより派生した『ファンタスティック・ビースト』シリーズにテレビゲーム化の可能性が浮上した。ドイツのコンピューターゲーム業界が組織するソフトウェアの年齢別レーティング審査機関USKのWebサイトにリスト掲載されていたことから、にわかに噂されているものだ。

USKの掲載内容によると、『Phantastische Tierwesen(ファンタスティック・ビーストのドイツ語表記)年齢レーティング調査は2017年10月12日に調査がなされており、年齢レーティングは6歳以上、ゲームジャンルは「ジャンルミックス」とされている。既にMSNComicbook.comHeroic Hollywoodなどで報じられている模様だが、記事によるとプラットフォームはプレイステーション4およびPCと伝えられている。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、J.K.ローリングが自ら脚本を手掛けた「ハリー・ポッター」新シリーズ。アカデミー賞(R)受賞のエディ・レッドメインが主人公のニュート役を務め、魅力的な魔法動物たちと共に人気を博し、日本では2016年公開洋画実写作品で興行収入No.1の大ヒットを記録した。その人気は2017年4月19日より発売・レンタル開始されたブルーレイとDVDにも及び、リリース後はTSUTAYAレンタルランキングでは全ジャルにおいて2週連続1位を獲得している。

全5部作構成の『ファンタスティック・ビースト』は2017年7月より続編の撮影を開始しており、2018年11月の公開が予定されている。ゲーム化の噂と併せて期待と共に待ちたい。

Source:http://www.usk.de/en/search-for-title/search-for-title/?tx_uskdb_list%5Baction%5D=search&tx_uskdb_list%5Bcontroller%5D=Title&cHash=b702b0e569fc0b029fa8a704e0a58d1b

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。