『マイティ・ソー バトルロイヤル』出演の大物俳優、早くも次回作の撮影に参加?でも、これってもしかして……

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』にグランドマスター役で出演しているジェフ・ゴールドブラムが、早くも同作につづく作品の撮影に参加したことを明らかにした。その撮影で監督を務めたのは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』と同じくタイカ・ワイティティだったという。一体どういうことなのか……。

 


Radio Timesのインタビューに登場したジェフは、参加したという撮影の内容をこのように語っている。

「タイカ(・ワイティティ)と撮影をしましたよ、オーストラリアのルームメイトのところで。彼のところに行って、ドアをノックして、言われた通りに小さなアパートに住まいを構えました。それが僕のやったことですよ。あとはテイクアウトのレストランに物を注文して、地元の食べ物を買いましたね。」

おおよそ『マイティ・ソー』らしからぬ、おおよそマーベル作品らしからぬ言葉のオンパレードだが、しばらくマーベル・シネマティック・ユニバースを追いかけてきたファンならピンとくることだろう。オーストラリア、ルームメイト、小さなアパート……。そう、もしかしてその場所は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)を欠席していたソーが身を置いていたというダリル・ヤコブソン宅ではないか?

『シビルウォー』に誘ってもらえなかったソー、オーストラリアで暇を持て余していた事実が判明

『暇を持て余したソー』続編が公開「脳は筋肉だ!」謎の筋肉三段論法に同居人が困惑

もしこれが事実なら、「暇を持て余したソー」こと『チーム・ソー』シリーズには第3弾が存在する、しかもそこには暇を持て余したグランドマスターが登場するということになってしまう。そこにソーは登場するのか、グランドマスターと対面してダリルは本当に大丈夫なのか、気になることばかりだが今はじっと待つほかない。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』『チーム・ソー』を手がけたタイカ・ワイティティ監督は、かつて『チーム・ソー』第1弾の公開後に「別の短い映像がいくつかあるかもしれないし、あれはもっと大きな出来事のごく一部かもしれないし」と語って、ダリルの再登場を示唆したことがあった。パート2で再登場はひとまず果たされたが、まだ続きがあるのかもしれない?
ちなみにソー役のクリス・ヘムズワースによればダリルは『マイティ・ソー バトルロイヤル』には登場しないとのこと。いよいよ、これはよくわからないことに……。

 

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国ロードショー

Sources: http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/thor-ragnarok-jeff-goldblum-teases-grandmasters-next-appearance-1051759
http://www.radiotimes.com/news/2017-10-24/thor-ragnaroks-post-credits-scenes-explained-by-jeff-goldblum/
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36243149275/ )

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • タクマ 2017年10月30日 at 10:56 PM

    こんにちは!
    ふと気付いたのですが、ヘラ役のケイトの吹き替えが天海祐希。しかし、以前ポニョの女神役の天海祐希の英語版吹き替えを、ケイトが演じていました。偶然なのか、必然なのか…

    Reply