『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ホグワーツ撮影風景、エディ・レッドメイン&ジュード・ロウのコメント映像が到着

『ハリー・ポッター』魔法ワールドを描いて世界中を魔法の興奮で包み、約900億円の興行収入を記録した『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)から2年。シリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が2018年11月23日(金・祝)に公開される。このたび、本作のメイキングやキャストコメントが入った特別映像が到着した。


最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみのホグワーツ魔法魔術学校が登場することが話題だ。
今回の映像でも、『ハリー・ポッター』シリーズから続くロケ地での、ホグワーツ魔法学校の撮影風景が映しだされている。シリーズの生みの親であるJ.K.ローリングは「ホグワーツに戻りたかった」と話し、主人公ニュートを演じるエディ・レッドメインも「シリーズで記憶に残る名前や歴史が『ファンタビ』最新作にも織り込まれている!」と興奮気味に語っているのだ。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K. Rowling

また、このたびエディ・レッドメインのほか、『ハリー・ポッター』シリーズ屈指の人気キャラクター、ダンブルドアを演じるジュード・ロウのコメントも公開されている。

ジュードはホグワーツでの撮影について「撮影までは平気だった。脚本も読んだし、冷静に受け止めていたんです。でも当日、教室に入った途端に…圧倒されてしまいました。生徒のほうが僕よりはるかに冷静に見えましたよ。教師初日の緊張はすごかったので、それが映画に出ていないといいんですが…でも素晴らしかったんです。ホグワーツが僕たちの心の奥底に残っていたから大丈夫だった。予告編を見て、僕はほかの皆と同じようにワクワクしましたね」と話している。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

 

一方、エディ・レッドメインは、ニュートのボグワーツ魔法学校時代について言及。「ニュートはホグワーツにもなじまず浮いている。でもダンブルドアは彼の個性を見ているんです。情熱をもった子供なんですよ。ふたりには絆がある。でもホグワーツ時代のニュートはアウトサイダーで、魔法動物に夢中になっているんです」と二人の関係について明かした。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は2018年11月23日(金・祝)全国ロードショー。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。