Menu
(0)

Search

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』2018年冬公開決定!邦題&第1弾写真が到着

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © JKR.

2016年『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に始まった、『ファンタスティック・ビースト』の最新作が2018年冬に日本公開されることがわかった。
邦題は『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、このたびタイトルロゴと第1弾写真が到着している。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © JKR.

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、全世界で約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円という大ヒットを記録した『ファンタスティック・ビースト』シリーズの最新作。原題は“Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald”(グリンデルバルドの犯罪)だ。
エディ・レッドメイン扮する動物魔法学者、ニュート・スキャマンダーが繰り広げる新たな冒険はもちろん、本作の見どころはダンブルドア先生をジュード・ロウが演じ、普通の人間より魔法使いの方が優れているという思想の持ち主、グリンデルバルド役でジョニー・デップも登場する点にもある。世界観や出演者のパワーアップ、そして驚きの映像で織り上げられるイマジネーションに今から期待しよう。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © JKR.

このたび解禁された第1弾写真には、主人公のニュート、闇払いのティナ(キャサリン・ウォーターストン)、妹のクイニー(アリソン・スドル)、シリーズ初となる人間のジェイコブ(ダン・フォグラー)ら4人の仲間たちに加え、前作で謎の結末を迎えたクリーデンス(エズラ・ミラー)、魔法動物に変えてしまう呪いの血の運び屋マレディクタス(クラウディア・キム)、そしてダンブルドア先生(ジュード・ロウ)と強敵グリンデルバルド(ジョニー・デップ)、謎の女性リタ・レストレンジ(ゾーイ・クラビッツ)、ニュートの兄テセウス・スキャマンダー(カラム・ターナー)らが登場している。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は物語の舞台をニューヨークからロンドンの魔法界、さらにパリの魔法界へと展開する。脚本を執筆するのは、前作に続き『ハリー・ポッター』シリーズの生みの親であるJ・K・ローリングだ。
すでに本作はデイビッド・イェーツ監督による指揮のもと、英国にあるワーナー・ブラザースのリーブスデン・スタジオで撮影が行われている。ちなみに『ハリー・ポッター』ファンが喜ぶ原作・映画とのリンクも用意されるようなのだが、一体どんな作品になっているのだろう?

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は2018年冬全国ロードショー
さらに広がり、深まっていく『ファンタスティック・ビースト』の世界からますます目が離せない!

(文:Takatoshi Inagaki)

©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © JKR.

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly