ポー・ダメロン役俳優『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』での死亡構想に直訴していた ― 『最後のジェダイ』でも活躍へ

映画『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)から始まった新3部作で、レイア・オーガナ率いるレジスタンスの敏腕パイロットとして活躍するのがポー・ダメロンだ。映画の序盤で死亡したかと思わせつつ、後半で怒涛の活躍ぶりを見せるあたり、観客の印象にきっちり残る存在感だった。

しかし同作のJ.J.エイブラムス監督は、『フォースの覚醒』の脚本を構想する段階ではポーを死なせるつもりだったことで知られている。結果的に内容は変更されたわけだが、当時その構想を聞かされたポー役のオスカー・アイザックは、監督に「自信がない」と訴えていたのだという。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレと捉えうる内容、および『ボーン・レガシー』(2012)前半のネタバレが含まれています。

オスカー・アイザック

Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19492056478 )

無事生存、『最後のジェダイ』でも活躍へ

Esquire誌に登場したオスカーは、『フォースの覚醒』への出演オファーを受けた際の思い出を振り返っている。J.J.監督にポーを退場させるつもりだと聞かされた彼は、役柄について話し合う中で、監督にこう意見したというのだ。

「自信がありません、と言いましたよ。そういう役柄は、もう他の映画でやっていましたからね。主要人物のために準備みたいなことをして、それから派手に死ぬ、というのは。」

すると、この発言を聞いていたある人物が、すぐにその具体例を出したという。

「面白かったのは、部屋にいたキャスリーン・ケネディ(ルーカスフィルム社長)が“そう、『ボーン(・レガシー)』でやったようなこと!”って言ったことですね。」

こうした直訴が実を結んだのか、はたまた全く別の意図によるものか、ポーは『スター・ウォーズ』新3部作で重要な存在として活躍することとなった。最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で、ポーはまた新たな役割に向かっていくことになる。その作劇について、オスカーは本作の脚本・監督を務めたライアン・ジョンソンに賛辞を送っているのだ。

ライアンがやったことは、(ストーリーの)空白を埋めることではなく、ストーリーに必要なものを入れることだったと思います。実際、レジスタンスの人間たちはほんの一握りにまで減らされていて、彼らは死に物狂いで逃げているんです。そこでレイアは私を――彼を――レジスタンスのリーダーになるよう教育するんですね。熱血漢で無鉄砲なヒーローではなく。」

 

そんなポーの出番は、オスカーによると「すごく多くはないですが、やることはちょっと多い」とのこと。今度はどんな形で存在感を示してくれるのか、たくさん期待しておこう……!

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国ロードショー

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ポー・ダメロンが担うもの ― オスカー・アイザック、レジスタンスの英雄になる

Source: http://www.esquire.co.uk/culture/film/longform/a18451/oscar-isaac-interview/
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19492056478 )

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。