Menu
(0)

Search

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジュード・ロウ、ダンブルドアのゲイ設定や劇中の意図を語る ― 「ダンブルドアの同性愛について描く映画ではない」

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Wizarding WorldTM Publishing Rights © J.K. Rowling. © 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ハリー・ポッター」魔法ワールドの最新作、映画ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の日本公開が、いよいよ2018年11月23日(金・祝)に迫っている。本作の大きな見どころのひとつは、『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみアルバス・ダンブルドアの若き日が描かれることだ。演じるのは、『シャーロック・ホームズ』シリーズのジョン・ワトソン役などで知られるジュード・ロウである。

しかし2018年初頭、ダンブルドアの設定をめぐっては作り手とファンの間で“すれ違い”が起こった。原作者J・K・ローリングは、ダンブルドアが同性愛者であること、悪に堕ちる以前のグリンデルバルドと恋仲だったことを明かしていたのだが、デヴィッド・イェーツ監督は、映画でこの設定を「明示しない」と発言したのである。

この記事には、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の劇中要素について言及しています。本編の直接的なネタバレとなる内容は含まれていませんが、鑑賞まで一切の情報に触れたくない方は、鑑賞後にお楽しみください。

このたび米The New York Timesのインタビューにて、ジュードはダンブルドアの設定や、デヴィッド監督の発言の真相を尋ねられている。するとジュードは、「彼(監督)は僕にそんなこと言わなかったですよ」と述べた。ダンブルドアはゲイかと尋ねるたび、監督はこれを肯定。「僕が思うに、ダンブルドアはゲイですね」とジュードも言い切っている。

その一方で、ジュードは『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』という作品やダンブルドアの設定について、このように言葉を重ねた。

「こういう言い方をしましょう。この映画はダンブルドアの同性愛について描く作品でも、彼という人間をセクシャリティが形づくる作品でもありません。ただし、確かにその関係性は、ダンブルドアという人物や、彼の目的が何であるかを示す要素となっています。
それから僕は、ダンブルドアが多くの人間に全身全霊を捧げてきた人間だとは思いません。二人の(グリンデルバルドとの)関係は彼を動揺させることになったし、彼の心を氷づけにしてしまった。そして実際のところ、誰もその氷を溶かせなかったんですよ。」

実際のところダンブルドアとグリンデルバルドの関係がどのように描かれているのか、そのエモーショナルな側面がジュードによっていかに演じられているのかは映画本編で確かめてほしい。ともあれジュードのアプローチは、かつてダンブルドアという人物にはあまりみられなかった方向性からのものといえそうだ。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

ちなみにこのインタビューのなかで、ジュードは「ゲイのキャラクターが子どもたちの憧れとなる時代は来ているのでしょうか?」とも尋ねられている。ジュードの答えは「世界はそうなっていると思います。そうでなくとも、確実にそうなるはずですよ」。人間ドラマやセクシャリティの表現・描写はもちろんのこと、『ハリー・ポッター』シリーズを代表する魔法使いとしての大活躍にも期待しよう。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、2018年11月23日(金・祝)全国ロードショー。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

Source: The New York Times

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly