Menu
(0)

Search

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ロンドンプレミアにジョニー・デップが登場 ― エディ・レッドメイン、ジュード・ロウらも集結

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

「ハリー・ポッター」魔法ワールドの最新作、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が2018年11月23日(金・祝)に公開される。

いよいよ日本公開間近、豪華キャストの来日までは1週間と迫った11月14日(日本時間)、聖地ロンドンにて本作のプレミアが開催された。主演のエディ・レッドメインやジュード・ロウ、そしてジョニー・デップが会場に登場したほか、原作者のJ.K.ローリング、また「ハリー・ポッター」魔法ワールドの公式アンバサダーを務める桐谷美玲が、ネイビーブルーカーペットを歩いてプレミアに参加した。このたび現地よりレポートが到着している。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 ロンドンプレミア

【実施日】日本時間:11月14日(水)
【場所】レスター・スクウェア
【登壇者】エディ・レッドメイン(ニュート役)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、エズラ・ミラー(クリーデンス役)、ゾーイ・クラビッツ(リタ役)、カラム・ターナー(ニュートの兄:テセウス役)、クラウディア・キム(ナギニ役)、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)、ジョニー・デップ(黒い魔法使い・グリンデルバルド役)、J.K.ローリング(脚本)、デイビッド・イェーツ(監督)、桐谷美玲(ハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダー)

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

ホグワーツ魔法魔術学校の制服を着た「ハリー・ポッター」ファンや、ニュートやクイニーの姿に扮したファンタビアンなど約2,500人ものファンが集まった会場には、「ファンタスティック・ビースト」シリーズをイメージした150メートルのネイビーブルー・カーペットが敷かれ、ロンドンの街並みが幻想的な魔法ワールドへ変貌。

15ヶ国から集まった40台のムービーカメラ、約100人のスチールカメラマンらが豪華キャストの姿を捉えようと集まった会場に、エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラヴィッツ、カラム・ターナー、クラウディア・キム、ジュード・ロウ、J.K.ローリング、デイビッド・イェーツ監督らが登場すると、観客からは割れんばかりの歓声が沸き起こったという。ジョニー・デップが本作に関連して公に登場するのは、2018年7月に開催された「San Diego Comic Con 2018」以来となった。

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

世界中を飛び回る魔法動物学者の主人公ニュートさながら、エディ・レッドメインはパリに続いてのプレミア登場となった。「J.K.ローリングがロンドン出身だからか、いつも情熱的でエネルギッシュで素晴らしいですよ」と、パリとはまた異なったプレミアの雰囲気を楽しんでいる様子だったという。
またジョニーとの共演については、「僕にとって一番大きい共演シーンは、魔法使いの集会で、彼が何千人もの前でスピーチをするシーン。大胆な演技でありながら、誘惑的で魅力的なキャラクターを演じているんです。俳優として感動しましたね」と敬意を表した。

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

ホグワーツ魔法魔術学校のダンブルドア先生を演じるジュード・ロウは、ロンドンプレミアについて「僕のホームですよ。魔法ワールドのホームでもありますよね」と述べ、「素晴らしい俳優と監督、独創的な脚本家に囲まれて、これ以上の仲間はいませんよ。彼らは魔法ワールドを愛して、敬意を払っているし、観客の意見に耳を傾けているんです」と語った。
また本作の見どころであるダンブルドアとグリンデルバルドの関係性について、ジュードは「なぜダンブルドアがグリンデルバルドと戦えないかの鍵が隠されているんです。それが未来にどう繋がるかということも」と述べ、「親密かつ力強い関係性なんです。一度は別の方向に向かった二人は、また向き合わなければならない日が来るでしょうね」と話した。

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

ニュートらの仲間で唯一のマグル(人間)であるジェイコブ役のダン・フォグラーは、「ロンドンは大好きですよ。この映画が作られた場所だし、ファンの興奮が感じられるんです」と聖地さながらの熱気を体感した模様。ジョニー演じるグリンデルバルドはジェイコブにとって許しがたい敵役だが、共演はとても楽しかったそう。「カメラが止まるとジョニー・デップなんです。親しみやすいし、“ギターを聴きたい?”なんて言ってくれたりして。衣裳にフルメイクのまま、ギターでロックソングを弾いてくれました(笑)」と舞台裏のエピソードを振り返った。
ところでダンいわく、本作は「4DXで観るのが良いかも」とのこと。「グリンデルバルドが逃げ出すオープニングのシーンは最高です。ベビーニフラーは最高だし、ズーウーは圧巻。ぜひ注目してください」と話し、直前に迫った来日も楽しみにしていると述べた。

ちなみにロンドンプレミアには、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの公式アンバサダーである桐谷美玲が特別に招待された。桐谷にとって海外プレミアへの参加は今回が初めて。緊張しつつも念願叶ってエディと対面した桐谷は、「エディとお話できて、写真を撮ってもらえて、宝物です。すごく紳士で優しくて、飾らない感じがニュートそのものでした」と話した。今回のイベントでも、エディをはじめとする豪華キャスト陣がファンとのコミュニケーションなどをみせ、イベントは大きな盛り上がりを見せたということだ。

ロンドンプレミア ギャラリー

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は2018年11月23日(金・祝)より全国ロードショー

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly