Menu
(0)

Search

ケヴィン・ファイギ版『スター・ウォーズ』新作映画にマーベル「ロキ」脚本家が参戦

Kevin Feige / ケヴィン・ファイギ
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kevin_Feige_(28556369381).jpg

マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが新たに手掛ける『スター・ウォーズ』新作映画に、マーベル期待の脚本家が加わったことがわかった。Deadlineが伝えた。

『アベンジャーズ』などのマーベル・シネマティック・ユニバースを成功に導いたファイギが製作する『スター・ウォーズ』新作映画でペンを執るのは、来たる新作ドラマ「ロキ(原題:Loki)」第1話や『ドクター・ストレンジ』の続編『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』のマイケル・ウォルドロン。これまでにアニメ「リック・アンド・モーティ」を手掛けている人物だ。

『スター・ウォーズ』ユニバースに新たな息吹をもたらすにあたって、ファイギはマーベル・スタジオでの仕事で信頼を確かめた人材を起用したようだ。伝えられるところによると、ウォルドロンは今後もディズニーとの仕事を継続していくという。

クリント・イーストウッド特集

ケヴィン・ファイギによるこの企画は、『スター・ウォーズ』新作タイトルが一挙に発表された2020年12月のイベントでは伝えられていなかったもの。この度の続報もあり、企画が潰えていなかったことが確認された形となった。

ウォルドロンが脚本を手掛けるドラマ「ロキ」は、Disney+(ディズニープラス)で2021年5月日米同時予定。『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』は2022年3月25日の米公開予定を目指している。こちらは現在イギリスで撮影期間中だが、現地のロックダウン措置を受けて撮影を一時中断している。

Source:Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly