Menu
(0)

Search

キアヌ・リーブス、『ワイルド・スピード』出演なるか ─ 将来的な実現めざし、話し合いが進行中

ジョン・ウィック:パラベラム ジャパンプレミア
© THE RIVER

『マトリックス』『ジョン・ウィック』シリーズのキアヌ・リーブスが、人気カーアクション映画シリーズワイルド・スピードに出演する日も遠くないのかもしれない。シリーズのプロデューサー兼脚本家であるクリス・モーガンは、すでに将来的な出演を見越してキアヌと面会しているという。

Screen Rantにて、クリスはキアヌの『ワイルド・スピード』ファミリー入りを熱望していること、実現に向けて話し合いを進めていることを明かした。

「彼(キアヌ)とはお会いして、話し合いをしているんですよ。僕はずっと、彼に『ワイルド・スピード』ユニバースに参加してほしいと思っていたんです。実現しようとしているんですが、いつでも一番難しい問題はタイミングとスケジュール。それから、(キアヌに)ふさわしいものを一緒に作るということ。とにかく僕としては、彼にシリーズに加わってほしいんです。」

実際に、ドウェイン・ジョンソン&ジェイソン・ステイサム主演『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)では、本編の撮影と並行して、キアヌの出演を実現させるべくデヴィッド・リーチ監督が話し合いを進めていたとのことも明かされている。しかし、そもそも出番を作る余地があるかどうかという問題から「また今度に」という結論に至ったという。映画全体のバランスを鑑みれば、それは非常に真っ当な判断だっただろう。

ともあれ、『ワイルド・スピード』シリーズの製作チームはキアヌの参戦を熱望していることは確かであり、しかるべきタイミングで、条件が一致するならばファミリー入りが現実になる可能性は高いだろう。ひとつだけ気になるのは、『ワイルド・スピード』シリーズにキアヌ・リーブスという俳優が合うかどうかなのだが……そういえば『トイ・ストーリー』の世界にキアヌがあんなにハマることなんて誰も予想しなかったではないか(『トイ・ストーリー4』にてデューク・カブーン役を担当)。

ヴィン・ディーゼル主演、『ワイルド・スピード』第9作(タイトル未定)は2020年5月22日に米国公開予定。こちらはジョン・シナやマイケル・ルーカー、カーディ・Bといった濃すぎる新キャラクターにも注目だ。

Source: SR, THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly