Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ブラック・ウィドウの展開は覆らない ─ スカーレット・ヨハンソン、単独映画での「終わり」を予告

スカーレット・ヨハンソン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48471753011/ Remixed by THE RIVER

映画アベンジャーズ/エンドゲーム(2019)の衝撃の展開について、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンが改めて明言した。ヨハンソンは単独映画『ブラック・ウィドウ(原題:Black Widow)』の撮影を終えたばかりで、待望の単独映画を控えているところ。テレビ番組「The Tonight Show with Jimmy Fallon」にて、ヨハンソンは現状と将来について隠すことなく語っている。

この記事には、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。

ブラック・ウィドウの今後はいかに

アイアンマン2』(2010)でマーベル・シネマティック・ユニバースに初登場して以来、アベンジャーズの一員として活躍し、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)などでも存在感を発揮してきたブラック・ウィドウの物語は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』をもって壮絶に幕を下ろした。

サノスを倒すため、6つのインフィニティ・ストーンを求め、ヒーローたちは過去に戻った。ナターシャはクリント・バートン/ホークアイとともに、ソウル・ストーンを求めて惑星ヴォーミアを訪れる。ソウル・ストーンを手に入れるには、愛するものを失わねばならない。そこでサノスは愛娘ガモーラを崖から突き落とし、ストーンを手に入れたのだ。ナターシャとクリントは互いに自分が命を投げ出そうとするが、上手だったのはナターシャだった。クリントを残し、ナターシャは真っ逆さまに崖下へ落ちていく。その死は、決して元に戻せるものではないと語られた。6つのストーンをガントレットに嵌めたブルース・バナー/ハルクは、失われた命を取り戻すべく指を鳴らした時、ナターシャについても願ったというが、彼女は戻ってこなかったのである。

今回、ヨハンソンは「前回の作品(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)を経て、私の役柄は精神的にも、実際にも消えてしまいました」と語った。

「確実なことってすごく少ないと思うんですが、それでも死は本当に確実なもの。だけど、みなさんはそのこと(ブラック・ウィドウの死)を信じていないし、私を説得しようとする方もいるんですよ。私の役は本当に死んだわけじゃない、別のユニバースにまだ存在するかもって。だけど、それは違います。死はまさしく決定的なものなんです。」

単独映画『ブラック・ウィドウ』は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)直後を舞台に、ナターシャが何をしていたのかを掘り下げつつ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』での決断に至る背景をも描く内容になるという。現在、ヨハンソンは本作について「私が求めていた“終わり”がやってきました」と語っている。米Entertainment Tonightでも「終わりがないものに自分が耐えきれるのかは分かりません」と述べ、『ブラック・ウィドウ』について「すごく疲れましたが、大好きな作品です。すべてに魔法をかけられると思います」と話したのだ。

もっとも、ヨハンソンは『ブラック・ウィドウ』について“終わり”とは真逆の発言も繰り出している。先日、彼女は『ブラック・ウィドウ』を「単独シリーズ」と形容したばかりなのだ。ヨハンソン演じるナターシャに“終わり”がやってくる、しかし『ブラック・ウィドウ』が新たな単独シリーズの幕開けになるのだとしたら、それは一体どういうことなのか?

映画『ブラック・ウィドウ(原題:Black Widow)』は2020年5月1日に米国公開予定

あわせて読みたい

Sources: The Tonight Show, Entertainment Tonight

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly