Menu
(0)

Search

『ファイナルファンタジーIX』アニメ化決定 ─ 8歳から13歳を対象とした子供向け作品に

FF9
スクウェア

世界的人気ゲームファイナルファンタジー』シリーズ、『ファイナルファンタジーIX』のアニメ化作品が企画されていることがわかった。製作を担当するのは、フランス・パリのアニメーション会社「Cyber Group Studios」および、スクウェア・エニックスだKidscreenが報じている。

『ファイナルファンタジーIX』は、ナンバリングタイトルの9作目にあたる作品。主人公のジタンが、アレクサンドリア王国の王女を誘拐するところから物語が始まる。不思議な出会いから冒険に繰り出すことになった盗賊のジタン、王女のガーネット、騎士団のスタイナー、黒魔道士のビビらは、やがてクリスタルを巡る壮大な運命に巻き込まれていく。

序盤こそ穏やかな雰囲気で始まる『ファイナルファンタジーIX』だが、物語が進むにつれて、命の在り方や生きることの意味といった深く重い題材へと踏み込んでいくのが、本作の最大の特徴といえるだろう。「人を助けるのに理由が必要か?人が生きるのに理屈が必要か?」「生きてるってこと証明できなければ死んでしまっているのと同じなのかなぁ」など、作中に登場する台詞に心を奪われた人も多くいたに違いない。

とはいえ、同時に原点回帰作であるため、ファンタジー色や児童文学の要素が強いことも特徴のひとつ。そのため、このたびのアニメ化作品が対象としている、“8歳〜13歳”に相応しいタイトルともいえるだろう。なお本作の製作は、2021年末〜2022年初頭にも開始されるとのことだ。

Cyber Group StudiosのCEOであるピエール・シスマンは、「このゲームは、誰かと共に視聴する作品として大きな可能性を秘めている」と説明。また、『ファイナルファンタジーIX』のファンのためでなく、知らない人にとっても、「その世界に浸ることができて、その作品のことも好きになるでしょう」と述べている。

Source:Kidscreen

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly