Menu
(0)

Search

『ゴジラvsコング』米国で興行収入1億ドル突破 ─ 日本上陸目前の快挙

ゴジラvsコング
© 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

映画『ゴジラvsコング』が、アメリカにて興行収入1億ドルの大台をついに突破した

ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)がついにクロスオーバーする本作は、ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が手がける「モンスターバース」(モンスター・ヴァース)の集大成。2021年3月31日に米国公開を迎え、このたび約3ヶ月越しでの1億ドル達成となった。

発表によると、2021年6月20日(日)の時点で、米国での累計興行収入は1億11万3,000ドル。海外の累計興収は3億4,280万ドルのため、全世界累計興収は4億4,290万ドルとなる。これは前作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)の全世界興収記録を超える数字であり、モンスターバースは集大成にして輝かしい記録を打ち立てた。

『ゴジラvsコング』は米国に先がけて中国など海外各国で公開され、コロナ禍以降の映画業界の記録を塗り替える大ヒットとなっていた。米国でもパンデミック後最高の初動記録を打ち立て、『TENET テネット』(2019)をしのぐ成績を示していた。米国では公開後31日間、HBO Maxで同時配信されていたことを踏まえれば、劇場での鑑賞に大きな注目が集まっていたことがわかるというものだ。なお本作の米国公開後、米国ではワクチン接種が進み、映画館の営業が順次再開され、ようやく映画業界も復活を遂げつつある。夏にかけては話題の大作映画も随時公開される予定だ。

映画『ゴジラvsコング』は2021年7月2日(金)に待望の日本公開を迎える。二大怪獣による世紀の激戦、万全の準備で臨みたい。

あわせて読みたい

Sources: Warner Bros., Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly