Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』正統続編、もうすぐ撮影開始 ─ 女性スピンオフ企画には『キャプテン・マーベル』脚本家が参加

(C)Universal Pictures

ヴィン・ディーゼル主演の人気シリーズ『ワイルド・スピード』第9作(タイトル未定)の撮影が、まもなく2019年2月より開始されることがわかった。ヴィンがInstagramにて報告している。

『ワイルド・スピード』シリーズは、現在、ドウェイン・ジョンソン&ジェイソン・ステイサム主演のスピンオフ映画『ホブス&ショウ(邦題未定、原題:Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw)』の製作が進行中だ。こちらはタイトル通りルーク・ホブス&デッカード・ショウを主人公とするアクション映画で、メインシリーズとの関係性は不明。こちらの『ワイルド・スピード』第9作が、従来のシリーズ作品に続く正統な続編となる

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Crew heads out to London next month for the next chapter… #FAST9

Vin Dieselさん(@vindiesel)がシェアした投稿 –

ヴィンによれば『ワイルド・スピード』第9作はイギリス・ロンドンにて撮影が開始される模様。今回の映像にはドミニク・トレント役のヴィンのほか、レティ・オルティス役のミシェル・ロドリゲスも登場している。

『ホブス&ショウ』の情報が定期的に届けられる一方、『ワイルド・スピード』第9作は、ストーリーや出演者など作品の詳細が2019年1月時点でほとんど明かされていない。主要キャストはほぼ復帰するとみられるが、ヴィンとドウェインの対立は公のものとなっており、ドウェイン&ジェイソンがこちらに続投するかどうかは不明。本作の監督を務めるのは、シリーズ第3~6作を手がけたジャスティン・リン。脚本は新鋭ダニエル・ケイシーが執筆した。

なおユニバーサル・ピクチャーズとヴィンは、『ホブス&ショウ』とは別に『ワイルド・スピード』のスピンオフ映画を3本企画しているとのこと。そのうちの一本である女性主人公のスピンオフ映画(タイトル未定)には、脚本家として『キャプテン・マーベル』(2019年3月15日公開)のニコール・パールマン&ジェネバ・ロバートソン=ドゥウォレット、Netflix映画『シエラ・バージェスはルーザー』(2018)のリンジー・ビアーが起用された。ここから先、『ワイルド・スピード』はどのような方向に向かっていくのだろうか…?

映画『ワイルド・スピード』第9作(タイトル未定)は2020年4月10日に米国公開予定。前作『ワイルド・スピード ICE BREAK』Blu-ray&DVDは発売中。

Source: Vin Diesel(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly