Menu
(0)

Search

『ファイト・クラブ』ラストの展開、中国配信版で大幅変更 ─ ビル爆破が警察により阻止される結末に

ファイト・クラブ
© Twentieth Century Fox 写真:ゼータ イメージ

デヴィッド・フィンチャーが監督を務めた映画史に残る傑作、『ファイト・クラブ』(1999)。公開当時から様々な議論が交わされてきた本作の結末だが、中国のストリーミング・サービスのテンセントビデオでは、そのエンディングが異なる内容となっているようだ。

この記事には、『ファイト・クラブ』のネタバレが含まれています。

『ファイト・クラブ』では、不眠症に悩みながら空虚な生活を送っていた若きエリートのジャック(エドワード・ノートン)が、タイラー(ブラッド・ピット)という謎の男と出会ったことから、その日常が一変していく物語が描かれる。現代社会における資本主義・消費主義への問題を訴えた本作の最後では、クレジットカード会社など資本主義に大きく関係する企業の高層ビルが、タイラーの発案した計画のもと爆破され、次々と崩れ落ちていくのだ。

そんな衝撃的な展開で幕を閉じた本作だが、テンセントビデオにて配信されているものでは、結末が大幅に変更されている。Viceによると、ビルの爆破場面が映される代わりに、以下のような文章が表示されるとのこと。どうやら、タイラーの計画は警察によって阻止されてしまうようだ。

「タイラーから出された手がかりにより、警察はすぐさま計画全体の内容を把握、全ての犯罪者を逮捕し、爆弾による爆破を防ぐことに成功。裁判が行われた後、タイラーは精神病院に送られ、治療を受けた。彼は2012年に退院した。」

中国では映画の公開・配信にあたり、厳しい検閲が行われることで有名だ。しかし、この結末が変更された理由が、中国政府の指示されたことによるものなのかは不明で、テンセントビデオもまたコメントを差し控えている。Viceによると、テンセントビデオにて配信されている本作の結末は著作権所有者により編集され、中国政府から許可を得た後、ストリーミングサイトに販売されたとのことだ。

Source: Vice

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly