Menu
(0)

Search

【インタビュー】『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』サングラスなしのウェスカー「人間らしくできる」─ 『バイオ4』ファンのレオン役俳優

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

バイオハザード』ゲームシリーズの原点を描く新たな映画、『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』が間もなく日本に上陸する。

オリジナルゲームを忠実に映画化した本作の舞台は、アンブレラ社の拠点がある街、ラクーンシティ。T-ウィルスによりラクーンシティが爆心地と化し、クレア&クリス・レッドフィールドらがアンブレラ社の秘密の人体実験に迫っていく。ふたりのほかには、ジル・バレンタインやアルバート・ウェスカー、レオン・S・ケネディらゲームのメインキャラクターたちのほか、あのリサ・トレヴァーまでが登場する。一体、どんな戦慄の物語が待ち構えているのか……。

ゲームのメインキャラクターのひとりであるレオンとしてキャスティングされたアヴァン・ジョーギアは、シットコム「ビクトリアス」(2010-2013)をはじめ、ドラマ「ねじれた疑惑」(2013-2014)、『ゾンビランド:ダブルタップ』(2019)などで知られる俳優だ。そしてシリーズのダークヒーローであるウェスカーは、「アンブレラ・アカデミー」(2019-)などのトム・ホッパーが演じた。この度、THE RIVERはふたりのグローバルジャケットに参加する機会に恵まれた。

この投稿をInstagramで見る

Avan Jogia(@jogia)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Tom Hopper(@tom.hopperhops)がシェアした投稿

『バイオハザード』ゲームへの思い

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
(L to R) Tom Hopper, Chad Rook, Hannah John-Kamen, Robbie Amell in Screen Gems RESIDENT EVIL WELCOME TO RACCOON CITY

──キャスティングされたときの感想を教えてください。

トム・ホッパー:リサーチを始めると、このシリーズがどれだけ多くの方々にとって大切な存在なのかがわかってきます。僕自身もまた、1作目からシリーズのファンでしたから。だから最初の反応は、“仕事に取り掛かろう”でした。YouTubeの動画を見たり、ゲームをプレイしたりしました。ヨハネス監督に役作りについて相談したところ、“ゲームをプレイしてください”と言われたんです。僕は言われた通りゲームをプレイすることにしたのですが、宿題としては簡単でしたね。

アヴァン・ジョーギア:同じです。“仕事に取り掛かろう。ソファーでゲームをプレイしよう”みたいな。

──『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』のもとにもなったゲーム『バイオハザード2』のメインキャラクターのひとり、レオンを演じる上で意識したことはありますか?

アヴァン・ジョーギア:レオンはファンにとってだけでなく、僕にとっても思い入れのあるキャラクターです。スクリーンでレオンを演じる前に、何百時間に渡りレオンとしてプレイしてきましたから。『バイオハザード4』は何百時間以上も遊びました。だから、大きな責任を背負いながらも、愛着があるキャラクターだったわけです。まずはゲームに立ち返り、レオンの動きを研究することにました。それから、ヨハネス監督が脚本に記したものを参考にしながら、組み合わせていきましたよ。

──『バイオハザード2』でのレオンといえば、彼女に振られてしまい、やけ酒して勤務初日から遅刻するという背景がありましたが、映画版では描かれませんでした。こちらについてはいかがでしょうか? ※『バイオハザードRE:2』では同設定はない。

しっかりと二日酔いはしています。この映画の草案には、彼が恋人と別れる展開があったような気がします。それでも僕が思うには、上映時間の関係で、レオンの過去についてひとつひとつ探っていくことは不可能だと思います。ただ、描かれていないだけで、その背景が残っている可能性はありうるかもしれませんね。

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
(LtoR) Avan Jogia and Kaya Scodelario in Screen Gems RESIDENT EVIL WELCOME TO RACCOON CITY

──『バイオハザード』『バイオハザード2』を組み合わせたこの映画で、リサーチのためにゲームに立ち返ったとのことですが、撮影中においてもその存在は大きかったのでしょうか?

トム・ホッパー:ゲームの存在は撮影中でも重要でした。カプコンから渡された参考資料を、ヨハネス監督が僕たちに見せていたので。その資料を通して、どんなシーンからきているのかを教えて頂いていたんです。だから、イースターエッグが常に存在していたわけです。観客が自分で探さなければならないようなイースターエッグを、僕たちは逐一教えて頂いていましたよ。

──『バイオハザード』ゲームシリーズは、2021年に20周年を迎えましたが、いまなお世界中を虜にしている作品です。これほどまでに特別な作品と化した理由は何だと思われますか?

アヴァン・ジョーギア:まさにジャンルを創造するような作品だったからではないでしょうか。そういう作品は数少ないですし。それに恐怖を感じることは楽しいと思うんです。怖い状況の中で、自分の運命をプレイヤーがコントロールするみたいな。ホラー映画の場合、観ているときは、作り手による恐怖に完全に翻弄されるわけですが、『バイオハザード』シリーズのようなゲームでは、キャラクターの行動を自分自身で判断しなければなりません。だから、「これは正しいことなのか」「生き延びることは出来るのか」という期待感があるんです。 それこそが、『バイオハザード』ゲームシリーズの醍醐味であり、多世代にわたって遊ばれ続けている理由でしょう。

ウェスカーとレオンの人間味

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
Screen Gems RESIDENT EVIL WELCOME TO RACCOON CITY

──ウェスカーといえばサングラスが印象的ですが、本作ではかけていません。

トム・ホッパー:この映画では、サングラスはかけていません。だから、僕にとって演じる上で重要だったのは、サングラスの後ろにいる男がどんな人間なのかを理解することでした。サングラスをかける前、そしてなぜそれをかけることになるのか。

──サングラスをかけていないため、ウェスカーの表情をしっかり見ることが出来ました。それは演じる上では難しくありませんでしたか?

トム・ホッパー:サングラスなしの方が楽でした。ゲームにおけるウェスカーの興味深いところは、彼の疑わしいモラルにあります。“なぜ仲間たち全員を裏切るのか”、と。ウェスカーからサングラスをなくすことで、彼を人間らしくすることが出来るんです。同僚たちと友達になったり、好感を持てるようにしたり、面白くしたりと、人生におけるすべてのことの表現が可能になるわけです。そこに僕は興味を持っていたわけですよ。

また、“『マトリックス』のエージェント・スミスのような、サングラスをかけたステレオタイプのキャラクターは演じたくありません。自分には合わないので”と監督に伝えたところ、“バッチリです。それこそ私が求めているものですから。彼の人間的な側面を引き出したいのです”と賛同していただきました。

──レオンを演じる上で、監督からアドバイスをもらいましたか?

アヴァン・ジョーギア:アドバイスというより、“レオンの恐ろしい初仕事について一緒に考えてみよう”みたいに協力しながら作り上げていく感じでした。またキャラクターに人間味を持たせ、彼らの原点を伝えることが大事でした。実際、レオンとウェスカーは同じような要素があります。ゲームとは全く異なる状態から、ファンが認識するような人物に変身を遂げていくわけです。だから、変幻自在だったんですよ。

今後のキャリア

──今後はどんな作品に挑戦してみたいですか?

アヴァン・ジョーギア:トムはどうですか?ミュージカルですか?

トム・ホッパー:もちろん、ウェスト・エンド・シアターみたいな。僕は常に新しいことに挑戦したいと思っているんです。それが僕自身にとって挑戦的であれば。ジャンルにこだわることはありません。なぜなら、それぞれのキャラクターが重要だからです。そこに興味がそそられるわけです。だから、どんなジャンルでもかまいませんよ。

いま素晴らしいと思うのは、オリジナリティーのある新しい素材がたくさん存在することです。例えば、「アンブレラ・アカデミー」の出演依頼を受けたとき、僕は作品について全く知りませんでしたが、とにかくスーパーヒーローのコンセプトが斬新で、非常に興味を持ちました。まさしくスーパーヒーローの概念を大きく変えた作品でしょう。ユーモアとエンターテイメントの要素が素晴らしく組み合わせていて。そして、『バイオハザード』。このようなリメイクを作ることになるとは思いもよらなかったです。この仕事では、何が起こるかわからないんです。それが俳優の仕事の好きなところ。何が降って来るかわかりませんし、どんな挑戦が待っているのかも。

アヴァン・ジョーギア:同感です。僕は常に自分を脅かしたり、勇気を出したり、優しくしたり、そういう点で自分を追い込もうとしています。2021年は自分で執筆した脚本の映画を監督しましたし、どんどんクリエイティブなことに挑戦しています。本も書きましたし、音楽活動もやっています。だから、常に新しいことをやっているんです。自分が興味のあるものを、さまざまなメディアで探求しているわけです。 それを続けられることは、本当に嬉しいことですよね。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は、2022年1月28日(金)全国ロードショー。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly