Menu
(0)

Search

『ファイナル・デスティネーション』続編企画が進行中 ─ 『ソウ』脚本家がシリーズを一新へ

ファイナル・デッドコースター(2006)
© New Line Cinema 写真:ゼータ イメージ

主に2000年代に製作されて大ヒットとなったホラー映画、『ファイナル・デスティネーション』シリーズの続編企画が始動していることがわかった。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

『ファイナル・デスティネーション』シリーズは、自身の命を奪う事故を予感し回避した若者たちが、決して逃れられない“死ぬ”という運命に次々と襲われるストーリー。第1作『ファイナル・デスティネーション』(2000)を皮切りに、物語のきっかけとなる事故を変化させながら、第2作『デッドコースター』(2003)、第3作『ファイナル・デッドコースター』(2006)、第4作『ファイナル・デッドサーキット 3D』(2009)、第5作『ファイナル・デッドブリッジ』(2011)が製作され、累計興収7億ドルという好成績を収めている。

報道によると、企画されている『ファイナル・デスティネーション』第6作(タイトル未定)はシリーズを再創造する内容になるとのこと。そもそも登場人物がそのつど一新されていくストーリーのため、リブートと呼ぶのはふさわしくないだろう。脚本を執筆するのは、『ソウ』シリーズの第4~7作を手がけたパトリック・メルトン&マーカス・ダンスタン。『ピラニア リターンズ』(2012)をはじめ、数々のホラー/スリラー作品で腕をふるっている俊英だ。

製作を担当する米New Line Cinemaは、シリーズ第5作『ファイナル・デッドブリッジ』の製作後、『死霊館』(2013)が大成功を収め、『アナベル』シリーズなどを含めた『死霊館』ユニバースを展開中。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)も大ヒットを記録するなど、高い人気と評価を両立させたホラー映画を多数製作している。第1作から20年という節目を控えた今、『ファイナル・デスティネーション』シリーズが再始動するのも自然な流れといえそうだ。

映画『ファイナル・デスティネーション』第6作(タイトル未定)の撮影・公開時期は不明。ハリウッドでのホラー映画ブームは、まだまだ衰えそうにない。

Sources: THR, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly