『ラ・ラ・ランド』チーム最新作、月面着陸描く実話アクション映画に?「100%ミッション・ムービー」脚本家が豪語

『ラ・ラ・ランド』(2016)のデイミアン・チャゼル監督、音楽担当ジャスティン・ハーウィッツ、そして主演俳優ライアン・ゴズリング。この3人が再びチームを組んで挑む新作映画『ファースト・マン(原題:First Man)』は、人類で初めて月面に降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロングを描く伝記作品。しかし、どうやらただの「伝記モノ」にはならなさそうだ……。

本作で脚本を手がけるジョシュ・シンガー氏が、このたび米The Boston Globe誌に登場。新境地となる『ファースト・マン』で、デイミアン監督が仕掛ける驚きの切り口を語っている。

「デイミアンのビジョンは最初から非常にクリアでした。“この映画がどれだけチャレンジングか理解してもらえるだろうか?”、“この直感的な本質についてわかってもらえるかな?”って言ってましたね。
これまで、宇宙計画は穏やかなタッチで描かれてきました。でもデイミアンは“ずっと怖がらせたい”と言いました。初期段階で話していたことですよ。ニール(・アームストロング)が勇敢なのは、月面に立ったからじゃない。全部乗り越えてやるという気概があったからです。」

すなわちデイミアン監督は『ファースト・マン』で、生死を賭けた挑戦に身を投じたニール・アームストロングという男の物語を描こうとしているのだ。極限に挑んでいく人間の狂気…といいかえれば、彼の代表作『セッション』(2014)を思い出す人も少なくはないだろう。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)のニコール・パールマンとともに脚本を執筆したジョシュは、『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)や『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2018)といった社会派作品に携わってその筆力を発揮してきた人物だ。そんな彼にとって、『ファースト・マン』は「100%ミッション・ムービー」だという。

「月面に到達した男の視点から、月に向かっていく様子を描く映画です。少なくとも5つは大規模なアクションシーンを書きました。もしもみなさんの心拍数が急上昇しなかったり、客席の縁をつかまずにいられるようなら、僕はショックですね。」

『ラ・ラ・ランド』で客席に衝撃を与えたデイミアン監督は、新境地となる伝記映画の世界で、どうやら新しい試みに出ているようだ。今度はどんな風景を見せてくれるのか、今から楽しみでならない。

映画『ファースト・マン』は2018年10月12日に米国公開予定。『ラ・ラ・ランド』のブルーレイ&DVDは現在発売中だ。

[お詫び]
記事初出時、一部人名に誤りがありました。現在は正しい表記に改めております。訂正をご報告させていただくとともに、深くお詫び申し上げます。

Source: Boston Globe

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。