Menu
(0)

Search

【レポート】ライアン・ゴズリング、ZOZO前澤社長に「尊敬します」 ─ 『ファースト・マン』チャゼル監督と来日、宇宙旅行語る(写真61枚)

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

アポロ11号船長ニール・アームストロングの人生と宇宙体験を圧倒的な映像表現で描き出し、各国の映画祭で話題沸騰中の映画『ファースト・マン』(2019年2月8日公開)より、デイミアン・チャゼル監督と主演のライアン・ゴズリングが2018年12月3日、緊急来日した。都内で会見を行い、宇宙飛行士の山﨑直子、株式会社ZOZO代表取締役社長の前澤友作と共に『ファースト・マン』で描かれる宇宙飛行について語った。(記事最後に写真ギャラリー61枚あり)。

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

『ファースト・マン』の製作まで

ライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督は、『ラ・ラ・ランド』(2017)に続く2年連続の来日。ライアンは「まず、またお呼びいただきありがとうございます」と挨拶を始める。「日本に来るのはいつも大好きですが、この映画と共に来日できて素晴らしい気持ちです。今作をお届けできることに興奮しています。お楽しみください。」

デイミアン・チャゼル監督は、「ライアンが言ったように、日本に戻ってこられて興奮しています。前回ライアンと『ラ・ラ・ランド』で来日した時が初めての日本でした。それからずっと戻りたいなと思っていたので、今作と共にここに来られて嬉しいです」と語った。

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

実はチャゼル監督は、本作を『ラ・ラ・ランド』制作以前から企画していたのだという。「映画の基となったジェイムズ・R・ハンセン原作の『ファースト・マン ニール・アームストロングの人生』を読んだ時、僕の前作『セッション』で問いかけた疑問の延長線にあるものを感じました。それは、目標を追求するで、どのような犠牲があるのだろうか、ということ。歴史上最も有名な、人類が月に立つというアイコニックなキャンバス上で、この目標を遂げるまでのプロセスを掘り下げてみたいと思ったのです。」

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

「でも今作でライアンと仕事を始めて、よりリサーチを重ねてみると、企画内容が当初より変わっていったんです。目標についての物語というより、なぜニール・アームストロングは目標を達成できたのか、というものに」と続けるチャゼル監督。「そこには彼の深い悲しみや喪失があったのだと思いますし、それこそが彼を月に駆り立てたもののように感じられました。ですから、月へのミッションと、妻ジャネットとのエモーショナルのバランスを取ろうと思い、その思いが私たちを駆り立てました。」

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

ライアンは、ニール・アームストロング役のオファーを受けた時のことを「光栄でしたし、圧倒された」と振り返る。「ジェイムズ・R・ハンセンの原作本を読んで、自分はニール・アームストロングや妻のジャネット、彼の家族が払った異常なまでの犠牲について、何も知らなかったんだと知らされたんです。不可能を可能にした、歴史上最も技術的に大きな偉業ながら、そこにはエモーショナルな旅路もあったのです。哀しく、心が砕けるような。ですから、とんでもない機会だと感じましたし、大いなる責任も感じました。」

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

ニール・アームストロング役を演じるにあたっての役作りについて尋ねられたライアンは、「ニールと妻ジャネットの息子さんや、ジャネットさん御本人にも協力頂けたことは光栄でした」と振り返った。「ニールの妹のジューンさんにもお越しいただき、ニールが生まれた農場にも赴いてお話を伺いました。色々な方に助けていただいて、本当に圧倒される思いでした。ニールとジャネットを少しでも知る人達が励ましてくれたんです。」

日本人宇宙飛行士と語る

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

ここで、日本人宇宙飛行士の山崎直子が2人のもとに登場。山﨑は2010年4月、NASAケネディ宇宙センターよりスペースシャトルディスカバリー号に搭乗して旅立ち、ISS国際宇宙ステーションにてSTS131ミッションを遂行。15日と2時間47分間の宇宙の旅を経験している。

山崎は「私自身も映画を拝見して、2時間21分全てがリアルと言いますか、まるでドキュメンタリーを見ているかのような感動を覚えました」と絶賛。『ファースト・マン』が最もリアルだったと思う点について、宇宙飛行士の立場から「特にアポロ時代のちょっと古めかしいような宇宙船の機械の感覚と、まさに危険と隣合わせの過酷な訓練の日々」を挙げ、「それに対して、日常生活の中のごく当たりまえなシーンとの対比がリアルだなと思いました」とし、心理描写に特に共感できたと語った。

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

これを受けてチャゼル監督は「リアリスティックで真正な表現を試みることが非常に重要でした」と応える。「実際の関係者たちやニールのご家族、バズ・オルドリンやマイク・コリンズといった宇宙飛行士たちやNASA職員からなるべくお話を聞き、とにかく学ぼうとしました。だって、私たちは宇宙飛行士じゃないし、宇宙に行ったことがないからですね。60年代も経験していないので、当時の打ち上げも見たことがありません。ですから、描こうとしているものと距離を感じることもあって、大きな責任とプレッシャーを感じていました。
その分、リサーチや関係者たちと時間を過ごすことで、その距離を埋められるのではないかと考えたんです。本当に宇宙飛行士やNASAの皆さんが親切で、5分だけでも頂けるだけで嬉しかったのに、セットまでお越しくださったり、映像を見て意見をくださったり、1日ご一緒させて頂いて、当時の様子を教えて頂いたり。ですから山﨑さんがリアルだと感じてくださったのは、様々な方のご協力のおかげなんです。」

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

ニール・アームストロングと自身との共通点について尋ねられた山﨑は、「恐れ多いことですけれども」と前置きした上で、「宇宙に行くということは、あくなき好奇心でありつつ、やはり色々なものを背負っていくという部分はいつの時代にも共通しているのかなと思った」と答える。「国家の思い、仲間の死を乗り越えての思い、家族へプレッシャーを与えている中での思い、色々なものを乗り越えていくという部分です。」また、劇中の具体的なシーンを挙げながら「仕事に集中しながら、人間として、親としての部分は嘘をつきたくない」といった思いが、「私も1人の親として」特に共感できたと語った。

民間人初の月周回旅行に挑むZOZO前澤社長と

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

さらにステージには、株式会社ZOZO代表取締役社長の前澤友作も登場。前澤は、ライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督から「是非日本でお会いしたい人」とのリクエストあってのオファーだったという。2023年に民間人としては史上始めての月周回旅行予定を発表した、まさしく”ファースト・マン”となる男なのである。

前澤は本作『ファースト・マン』について「この数年で観た映画の中でダントツにナンバーワン」と大変お気に入りの模様。「過去には『フロム・ジ・アース/人類、月に立つ』(1998)といった、アポロ計画を忠実に描いた作品があって、色々勉強は続けてきたんですけれども、『ファースト・マン』はドキュメンタリー・タッチ。極めて現実に近しい形で描かれている。しかもこれまでは表現できなかったような細部まで至っているところがとても良いなと思いました。例えば、宇宙船の中のボタンひとつを押す場面の音だったりとか、月にランディングした時にハッチが開く瞬間だったりとか。今まで伝えらていなかった情報が『ファースト・マン』によって新たに再現されている点が楽しかった」との感想を述べた。

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

また本作を鑑賞して、月へ旅立つ気持ちについて「かなりリアリティが高まった」と語る前澤だが、「一緒に試写を拝見した僕の周りのスタッフは、僕が月に行くのが不安になった」と明かした。「なぜなら、何回かの事故も描かれていましたし、色々なトラブルも描かれていましたので、本当に僕が行って大丈夫なものかと周りのスタッフは不安にかられていた」というが、「僕自身は逆にものすごくワクワクした」と笑顔。「まぁ、そんなことも起きるだろうと、過去のものとして観ましたので、全然怖くなったりはしなかったです。」

宇宙飛行士である山﨑は、2023年には”月周回を成し遂げた最初の民間人”になる予定の前澤にアドバイスを求められ、「もうとにかく楽しんできて頂きたい!」と明るく伝えた。「実は前澤さんが旅立たれるであろう発射台”39A”は、私自身もスペースシャトル ディスカバリー号で旅立った発射台であり、ニール・アームストロングさんがアポロ11号で旅だった発射台でもあります。壮大な宇宙(への想い)を背負って、是非次に繋げていて欲しい」と託した。「ニール・アームストロングも名言を残されていますが、前澤さんのご自身の語感で宇宙を伝えてくれることを何より楽しみにしています」と期待されると、前澤は「プレッシャー、ありがとうございます」と苦笑い。「一言、大事ですよね。今から考えちゃいますけど。」

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

宇宙へ旅立つ覚悟を決めた前澤を前に、「もし月に行けるなら行ってみたいか?」と尋ねられたチャゼル監督は「分からないです」と言う。「この映画を作っている間は、前澤さんのスタッフの反応と同じようなものだったかもしれません。当時は危険性やリスク、未知があって、決して居心地のいい体験ではなく、大変だったんだということが分かりました。60年代の宇宙計画について、小さい頃はただ”楽しいこと”や”栄光”っていう認識だったので。その成功の裏にある努力と汗と涙の存在は知りませんでした。だから今では躊躇する気持ちが大きくなったかもしれません。」

続けてチャゼル監督は、「さっきも前澤さんと話していたのですが、月を間近で見られるなんて嫉妬しますよ」と本音を漏らした。「確かに(映画の製作で)ライアンと月面を再現したことはスリリングな機会でしたけど、人の目を通じて見る月ってどんなにシュールでユニークなんだろうと想像するだけですよ。すごく特別なんでしょう。」

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

ライアン・ゴズリングは「特にミッションのシーンにおいて、この映画の製作は楽しみました。宇宙服を着て、(宇宙船を再現した)カプセルの窓から、LEDで映し出される月を見て。でも一番安心したのは、デイミアンから”カット”がかかって、カプセルの外に降りて地球に帰る瞬間ですね(笑)」として、実際に宇宙へ旅立つことへの恐れを語る。「これから前澤さんがやろうとしていることが、どれだけクレイジーで勇敢なのかを思い知らされましたよ。だから、あなたがやろうとされていることは尊敬します」と認めたライアンは、「僕は地上でお祈りして、陰ながら応援していますよ」と笑った。

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

前澤によればこの記者会見の開始前、ライアン・ゴズリングやデイミアン・チャゼルと雑談を交わし、「あまり言えないんですけど、かなり盛り上がりました」とのこと。宇宙の旅を経験した山﨑直子、2023年に月へ旅立つ前澤友作、そして人類史上初の月面着陸を見事に再現した『ファースト・マン』ライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督が場を共にした貴重な会見となった。

ギャラリー

映画『ファースト・マン』は2019年2月8日(金)全国ロードショー。

『ファースト・マン』公式サイト:https://firstman.jp/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly