Menu
(0)

Search

史上初の全編タテ型映画製作へ、スマホ視聴向け ─ 『search/サーチ』『ハードコア』プロデューサーが仕掛ける次世代コンテンツ

イメージ

次世代の映画体験がやってくる。スマートフォンの視聴向けに、史上初の全編縦型映画が製作されることがわかった。米Deadlineが伝えている。

仕掛け人はロシア出身の映画監督・プロデューサー、ティムール・ベクマンベトフ。監督作としてはアンジェリーナ・ジョリーの『ウォンテッド』(2008)があるが、全編一人称視点で描かれる『ハードコア』(2015)や、全編PC画面で展開される『search/サーチ』(2018)の製作も手掛けているから、その狙いも納得だ。

世にも珍しいこの全編縦型映画のタイトルは『V2. Escape From Hell(原題)』。第二次世界大戦時の実話をベースとする内容で、戦闘機をハイジャックしてドイツの強制収容所からの脱出を試みるソ連軍パイロットを描く。主人公役にはロシア人俳優が起用されている。

縦型の映像コンテンツといえば、先進的なアーティストによるミュージック・ビデオや、TikTok、Snapchatなどのアプリで目にすることもあるだろう。Snapchatは既に縦型映像によるオリジナルコンテンツ「Dead Of Night 」をリリースしている。こちらはゾンビ・アポカリプスを『search/サーチ』さながらのスマホ画面で描写するもので、実際にスマホで再生すると新感覚の臨場感が楽しめるものとなっている。

実は、この「Dead Of Night 」を製作したのも、この度の『V2. Escape From Hell』ティムール・ベクマンベトフだ。新たなコンテンツ体験にこだわるティムールが手掛ける史上初の縦型映画、いったいどんな作品になるのだろう。

撮影は、1,000万ドルと少額の製作予算と共にロシアにて2020年2月17日週より開始予定。ロシアにおける携帯電話ブランド大手のMTS社が協業に加わっており、同社の有する配信プラットフォームにて公開されるとのことだ。海外市場向けに、異なるシーンを含む英語バージョンも製作し、2021年初頭にもリリースを予定している。

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly