Menu
(0)

Search

DC映画『ザ・フラッシュ』アイリス・ウェストの登場が判明 ― 『さよなら、僕のマンハッタン』女優が出演認める

さよなら、僕のマンハッタン
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、フラッシュを主人公とする単独映画『ザ・フラッシュ(仮題)』に、主人公バリー・アレンが恋に落ちる女性アイリス・ウェストが登場することがわかった。ドラマ『THE FLASH/フラッシュ』(2014-)ではキャンディス・パットンが演じている、コミックでも人気のキャラクターだ。

映画『ザ・フラッシュ』でアイリス・ウェストを演じるのは、『さよなら、僕のマンハッタン』(2017)などに出演するキーアージー・クレモンズ。テレビ番組「CONAN」にて本人がついに認めた。

クレモンズがアイリス・ウェストとして『ザ・フラッシュ』に登場するという情報は今回が初めてではない。『DOPE/ドープ!!』(2016)に出演していた彼女は、同作を手がけたリック・ファミュイワが『ザ・フラッシュ』の監督に就任していた2016年にウェスト役としてキャスティングされていたのである。しかしファミュイワは2016年11月にプロジェクトを離脱しており、彼が抜擢したクレモンズの残留については不透明だった。

ウェスト役の再キャスティング説を煽ったのは、クレモンズが撮影に参加していたはずの『ジャスティス・リーグ』(2017)にウェストが登場しなかったことだ。同作はザック・スナイダー監督の降板後、ジョス・ウェドンが膨大な再撮影と仕上げ作業を実施している。スナイダーの想定していたバージョンにウェストは登場していたようだが、その存在は最終的にカットされてしまった。「もしや再キャスティングか」との声が高まるのも無理はなかっただろう。

しかしクレモンズは、2018年5月現在もDC映画に携わっているようだ。テレビ番組「CONAN」にて、彼女は『ザ・フラッシュ』への出演を認めている。

「(DC映画に)出ないって言ったらどうなるだろう、“もう関係ないんです”って言ったらどうなるかって思いますよ。前にそんな話をしたことがあるんです…要は、そうはならないってことですよ。『ザ・フラッシュ』に出ます。私がアイリス・ウェストですよ。」

映画『ザ・フラッシュ』は、一時『フラッシュポイント(Flashpoint)』というタイトルになると伝えられていたが、再度タイトルが変更されたことが示唆されていた。監督には『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のジョン・フランシス・デイリー&ジョナサン・ゴールドスタインが就任し、脚本は『キング・アーサー』(2017)のジョビー・ハロルドが執筆している。

紆余曲折をたどってきたフラッシュの単独映画は、アイリス・ウェストの登場も判明し、いよいよ本格始動を待つばかりとなった。ともかく、撮影開始の報を待つことにしよう。

Source: Heroic Hollywood
Eyecatch Image: 『さよなら、僕のマンハッタン』より © 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly