死んでみる?映画『フラットライナーズ』死を超えた7分の禁断描く ─ 2017年12月22日公開、予告編到着

死んだらどうなるの?その世界が描かれる。

禁断の臨死実験の向こう側に広がる、取り返しのつかない凄惨な現象を描くサスペンスホラー『フラットライナーズ』の日本公開が2017年12月22日に決定した。『JUNO/ジュノ』『X-MEN:フューチャー&パスト』のエレン・ペイジほか、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』キャシアン・アンドー役のディエゴ・ルナが出演する。

『フラットライナーズ』あらすじ

医学生のコートニーは、人は死んだらどうなるのか?という好奇心から、自分の心臓を止めて1分後に蘇生させるという<臨死実験>を仲間に持ちかける。死後の世界を垣間見て生き返ったコートニーは、突然ピアノが弾けるようになったり、一度読んだだけの医学書の細部を覚えていたりと驚くべき不思議な能力が覚醒する。そんな彼女を見て、仲間たちは競って臨死実験の実験台となり、死の時間を1分から2分、2分から3分、と次々延ばしていった。だが、臨死時間が7分を過ぎたとき、そこには想像もつかない恐ろしい体験が待っていた─

本作『フラットライナーズ』は、1990年に公開されたキーファー・サザーランド、ジュリア・ローバツ主演の同名作のリメイクとなる。医学と技術の進歩に伴い、”フラットライン(心停止)状態”をよりリアルに描けるようになったという。

 

オリジナル版の製作をした俳優マイケル・ダグラスが再び製作を務め、監督には『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で世界に名を轟かせたデンマーク出身のニールス・アルデン・オプレヴを抜擢。主役で危険な実験の首謀者となる医学生コートニーに『JUNO/ジュノ』『X-MEN:フューチャー&パスト』のエレン・ペイジ。実社会経験のある先輩格のレイ役には『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のメキシコ出身のディエゴ・ルナ。セクシーなジェイミー役にTVシリーズ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」の主役で人気を博したブルガリア出身のニーナ・ドブレフ。プレイボーイのジェイミー役には次期ジェームズ・ボンド役にも名前が取りざたされ、BBCドラマ「戦争と平和」のアンドレイ役で注目の若手英国俳優ジェームズ・ノートン。優等生ソフィア役にはDCコミック映画『フラッシュポイント(原題)』に出演が決定しているカーシー・クレモンズ、というフレッシュで国際色豊かな顔ぶれが揃った。さらに、オリジナル版では医学生として出演したキーファー・サザーランドが医大の教授役として出演している。

映画『フラットライナーズ』は12月22日(金)日本公開。

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。