Menu
(0)

Search

『大脱出』シリーズ脚本家とサメ映画『海底47m』監督、密室飛行機スリラーでタッグ

イメージ画像

シルベスター・スタローン×アーノルド・シュワルツェネッガー の『大脱出』シリーズで知られる脚本家のマイルズ・チャップマンと、サメ映画『海底47m』(2017)監督のヨハネス・ロバーツが、密室の飛行機で展開されるスリラー映画『Flight(原題)』でタッグを組むことがわかった。米Deadlineが報じている。

本作は米パラマウント・ピクチャーズにて企画されている。現時点で分かるのは、チャップマンによるオリジナルの物語であること、そして密室の国際線飛行機で展開されるということのみ。密室の飛行機といえば、ジョディ・フォスター主演の『フライトプラン』(2005)やリーアム・ニーソン主演の『フライト・ゲーム』(2014)などが思い出されるが、本作ではどのような密室劇が繰り広げられるのだろうか。脱獄ミッションに挑む『大脱出』シリーズを手がけるチャップマンの手腕に期待がかかる。

制作を務めるのは、『ビューティフル・マインド』(2001)でアカデミー賞脚色賞を受賞したアキヴァ・ゴールズマンが設立した製作会社Weed Road Pictures。プロデューサーには、『海底47m』のジェームズ・ハリスとマーク・レーンらが就任している。

メガホンを取るロバーツは、『アザー・サイド 死者の扉』(2016)や『ストレンジャーズ 地獄からの訪問者』(2018)など、スリラー/ホラージャンル作品の経験豊富なフィルムメーカーだ。大人気サバイバル・ホラーゲーム『バイオハザード』の映画リブート企画の監督・脚本にも起用されている。本企画とあわせて注目したい。

合わせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly