Menu
(0)

Search

マット・デイモン、クリスチャン・ベール主演『フォード vs フェラーリ』米国版予告編 ─ 『LOGAN/ローガン』監督が撮る極限のカーレース

https://www.youtube.com/watch?v=zyYgDtY2AMY サムネイル

『LOGAN/ローガン』(2017)のジェームズ・マンゴールド監督による最新作『フォード vs フェラーリ(邦題未定、原題:Ford v. Ferrari)』の米国版予告編が公開された。

『ボーン・アイデンティティー』シリーズや『オデッセイ』(2015)などのマット・デイモン、『ダークナイト』3部作や『バイス』のクリスチャン・ベールが競演する実話カーレース映画だ。


『フォード vs フェラーリ』が描くのは、タイトルの通り、フォードとフェラーリという2大自動車メーカーが激突するカーレース。1966年、24時間のサーキット周回数を競うフランスの耐久レース「ル・マン24時間レース」を舞台に、フォードによるフェラーリ打倒を追う物語だ。同年のル・マンを制した「フォード・GT 40」の生んだカーデザイナー、キャロル・シェルビー役をデイモンが、イギリス人レーサーのケン・マイルズ役をベールが演じる。

そのほか出演者として、マイルズの妻モリー役に、ドラマ「アウトランダー」(2014-)や映画『マネーモンスター』(2016)のカトリーナ・バルフ。ケンとモリーの息子ピーター役には『サバービコン 仮面を被った街』(2017)『クワイエット・プレイス』(2018)のノア・ジュプが起用された。フォードCEOのヘンリー・フォード2世は劇作家・脚本家・俳優のトレイシー・レッツ、社長のリー・アイアコッカは「Marvel パニッシャー」(2017-2019)『ベイビー・ドライバー』(2017)のジョン・バーンサルが演じる。

これまでマンゴールド監督は、『17歳のカルテ』(1999)や『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(2005)、『3時10分、決断のとき』(2007)、『ナイト&デイ』(2010)など、幅広いジャンルの作品を確かな演出力によって世に送り出してきた。今回は「戦争」とまで言われている過酷なカーレースの世界を、男たちの友情物語や家族劇としての側面、ビジネスパーソンの思惑など多面的に描き出す一作となりそうだ。車体が激しくクラッシュする、緊迫したレースシーンにも期待したい。

なお米国版予告編の公開に先がけて、本作のポスタービジュアルも公開されている。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Check out the new poster for @FORDvFERRARI and tune in to Game 2 of the NBA Finals on @ABCNetwork Sunday night for the worldwide trailer debut!

20th Century Foxさん(@20thcenturyfox)がシェアした投稿 –

脚本は『フェア・ゲーム』(2010)『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)などのジェズ&ジョン=ヘンリー・バターワース兄弟(単独でも多彩な作品を執筆)と、『白雪姫と鏡の女王』(2012)『大脱出』(2013)のジェイソン・ケラー。マンゴールド監督も共同脚本としてクレジットされている。

映画『フォード vs フェラーリ(邦題未定、原題:Ford v. Ferrari)』は2019年11月15日に米国公開予定

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly