Menu
(0)

Search

クリス・ヘムズワース、ソーの再演と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』合流を熱望 ─ 『アスガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』実現なるか

アベンジャーズ/エンドゲーム
©Walt Disney Studios / Supplied by LMK / 写真:ゼータ イメージ

『マイティ・ソー』シリーズや『アベンジャーズ』で、アイアンマンやキャプテン・アメリカと共に「ビッグ3」と呼ばれる中核を担ったのがソーだ。しかし、演じたクリス・ヘムズワースは『アベンジャーズ/エンドゲーム』をもって出演契約を満了、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を卒業するとみられてきた。

ところが『エンドゲーム』公開前の時点になって、ヘムスワーズは同役卒業について「いつかその日は来るでしょう」として、同役の終了が差し迫ったものではないかのような発言と共に、「未来がどうなるのかは誰にも分かりません」含みを持たせていたのだ。

その後公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、ソーはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々とユーモアあふれるコラボレーションを見せた。ガーディアンズにはジェームズ・ガン監督が復帰してのシリーズ第3弾も予定されているから、そちらにソーが合流する可能性にも期待できる。ソー役再演の意志について、米Cinema Blendに改めて尋ねられたヘムスワーズは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に関する話し合いは現時点で行われていないと断った上で、次のようにコメントしている。

また演じたいですね。もし再演にあたってユニークなものがあれば、喜んでやりたい。最後の3作(『マイティ・ソー ラグナロク』、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』)はそれぞれ全然違っていましたね。まるで完全に別のキャラクターのようでした。僕は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』がいつ撮影されるのか、されるかすらも知りません。『アベンジャーズ』のプレスツアーを終えてからは何も見ないようにしていまして。」

『エンドゲーム』劇中では、ソーの出自である”アスガーディアン(アスガルド人)”と”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”をかけた“アスガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”と呼称するジョークもあった(同名のコミックも存在する)。もしかして、次フェイズでのコラボレーションを示唆するものだろうか。ヘムスワーズは急に今後の展開への実感が湧いたかのように答えている。

「誰かと一緒に仕事したいです。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。めっちゃ良いですよね。これ、僕の次の仕事を見つけてくれたんじゃないですか。ありがとね。」

果たしてソーの物語に続きは見られるだろうか。少なくともクリス・ヘムズワースは意欲充分だ。

「暇を持て余したソー」もまた観たいよ

Source:Cinema Blend

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly