『エピソード8』では「フォースと共にあらんことを」を超える名台詞の数々が登場する?マーク・ハミルが語る

ロンドンにて、現地時間7月15日より開催中の『スターウォーズ・セレブレーション』のパネルディスカッションに登場したルーク・スカイウォーカー役マーク・ハミル。壇上でこれまでのスターウォーズにまつわる様々なエピソードを披露してくれた。

マーク・ハミル『スターウォーズ・セレブレーション』にて撮影エピソードを披露 「オビ=ワンが死ぬシーンは笑えた」

エピソード8に関する質問は無し』とのルールが設けられたステージではあったが、マーク・ハミルはエピソード8に向けての期待がより一層高まる情報を明かしてくれた。

「昨日、エピソード8で音声の再録作業をしていたんだけど、あるダイアログ(対話)がありましてね、”うわー、もうこのセリフのTシャツが作られてるのが想像できるよ!ライアン・ジョンソンはスゴいな”って思いましたね。きっと”フォースと共にあらん事を”を忘れさせらますよ。新しいキャッチフレーズを沢山思いついているんだ。

スターウォーズ最高の名台詞であり、世界中のポップカルチャー・ファンの共通の合言葉ともなっている「フォースと共にあらんことを」を忘れさせられるようなキャッチフレーズの数々とは?ライアン・ジョンソンの描く新しいストーリーに大いに期待したい。

ちなみに「音声の再録」とあるが、これは”Looping”と呼ばれる一般的な行程。別名Automated dialogue replacement、略してADRと呼ばれるもので、撮影後に音声のクオリティを高めるために行う所謂「アフレコ」作業のことだ。決して『ローグワン』で噂されたような「うまく撮れなかったから再撮影」といった類のものではないので安心してほしい。

Source:http://www.ew.com/article/2016/07/15/mark-hamill-dont-keep-your-star-wars-toys-box

eyecatch image:http://moviepilot.com/posts/3891218

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。