Menu
(0)

Search

『フリー・ガイ』VFX担当者がスピンオフ映画を希望、「90%がゲームで10%が実写で」

フリー・ガイ
© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

『デッドプール』シリーズでおなじみのライアン・レイノルズ主演、ビデオゲームの世界を舞台にした痛快コメディ映画フリー・ガイ(2021)。世界中で大ヒットを飛ばした本作のVFXスーパーバイザーが、スピンオフ映画のアイデアを語っている。

『フリー・ガイ』の主人公は、平凡だが社交的な銀行窓口係のガイ。ある日、ミステリアスな美女モロトフ・ガールと出会ったことがきっかけで、ガイは自分が“フリー・シティ”というオンラインゲームのモブキャラだと知って大ショックを受ける。毎日、同じことを繰り返す退屈な日々に飽き飽きしていたガイは反旗を翻し、危機に陥ったゲームの世界を救うために立ち上がる──。

本作でVFXスーパーバイザーを務めたニコス・カライティディスが米Cinema Blendのインタビューに登場し、続編とスピンオフのアイデアについて質問されて回答している。

「僕はいつも、全てのゲームプレイを取り上げて、完全にアニメ化したバージョンのフリー・シティのアイデアが最高ではないかと思っていました。ある意味で僕たちは、こういった環境もキャラクターも全て持っていた訳です。ですから先に進め、キャラクターの外観をもう一度レベルアップして、90%がゲームプレイで10%が実写の完全なスピンオフを出来るかもしれません。

カライティディスは、「実写よりもゲームプレイが大半を占めるスピンオフの方がいい」とも付け加えているが、『フリー・ガイ』はゲームの世界を描いているため、そのアイデアは理にかなっているだろう。観客が“フリー・シティ”の世界に実際に入り込めるような、インタラクティブな体験型スピンオフはなかなか楽しそうだ。

カライティディスのアイデアが採用されるかどうかは別として、監督を務めたショーン・レヴィは本作のシリーズ化を視野に入れ、すでに続編案も存在していると明かしているため、続編やスピンオフが実現する可能性は高そうだ。『フリー・ガイ』のユニバースが拡大していくかどうか、今後の動向に注目しておきたい。

あわせて読みたい

Source:Cinema Blend

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly