Menu
(0)

Search

『アナと雪の女王2』Disney+でサブスク初登場 ─ 7月には計6時間のメイキング・ドキュメンタリーも

アナと雪の女王
© 2020 Disney and its related entities

アニメーション映画史上歴代No.1、世界興収14.5億ドルを記録した『アナと雪の女王2』(2019)が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて、2020年6月11日(木)の国内サービス開始と同時にサブスク初配信となる。日本でも大ヒットを記録した本作が、定額制動画配信サービスに異例の速さで国内初登場だ。

Disney+では、前作『アナと雪の女王』(2013)、『アナと雪の女王2』などの劇場公開作品をはじめ、短編アニメーション、ドキュメンタリー作品、そして『アナ雪』がテーマのフルオーケストラ・コンサートまで、全18作品、55話、合計約35時間の関連作品が配信開始となる(※一部作品は7月配信開始)。

豪華ラインナップには、アナのお誕生日を描いた短編『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』(2015)、おなじみオラフが主人公の短編『アナと雪の女王/家族の思い出』(2017)、そして名曲『Let It Go~ありのままで~』を含むオーケストラ・コンサート『ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2016』などが含まれる。

さらに7月3日(金)からは、『アナと雪の女王 2』を手がけたクリエイターたちに密着した、各話60分×全6話構成のドキュメンタリー『イントゥ・ジ・アンノウン~ 「アナと雪の女王2」メイキング』が一挙配信決定。ウォルト・ディズニー・アニメーション作品に求められるチャレンジや驚くべきブレイクスルーの瞬間、才能や創造力、困難な製作の裏側にいたるまで、大ヒット映画の秘密が明らかになる。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly