Menu
(0)

Search

『マッドマックス』新作が撮影開始、クリス・ヘムズワースが報告 ─ アニャ・テイラー=ジョイ主演、フュリオサの前日譚描く

https://www.instagram.com/p/CeRq6QGhDJp/

マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)の前日譚映画『フュリオサ(原題)』が、ついに撮影開始となったことがわかった。出演者のひとりであるクリス・ヘムズワースが、Instagramにて報告している。

本作は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でイモータン・ジョーという独裁者に反旗を翻し、彼の妻たちの逃走計画を実行した丸刈り頭&義手の戦士、フュリオサの若き日の姿を描く物語。“オーストラリアで撮影される史上最大の映画”となり、“長年に渡る壮大な物語”を描く作品と伝えられている。また前作に引き続き監督を務めるジョージ・ミラーによると、「『怒りのデス・ロード』は3日2晩の出来事でしたけど、この映画では15年に渡る物語」とのことだ

2022年5月中旬、本作の主演であるアニャ・テイラー=ジョイが、オーストラリアに到着済みであることが判明し、撮影開始間近と噂されていた。このたびクリス・ヘムズワースが、「マッドマックス・サーガの新たな旅が始まった」と熱い言葉を寄せながら、『フュリオサ』のカチンコの写真を投稿。ついに撮影が開始となったのである。

ヘムズワースが演じる役どころについて公式情報は伝えられていない。しかし、20年間に及ぶ前作の舞台裏を綴った書籍『Blood, Sweat, and Chrome: The Wild and True Story of Mad Max: Fury Road』の著者であり、The New York Timesの記者であるカイル・ブキャナンによると、ヘムズワースはドクター・デメンタスというヴィランとして登場するという

キャストにはほか、『Mank/マンク』(2020)などのトム・バークが参加しており、ネイサン・ジョーンズはリクタス・エレクタス役として続投している。

監督・脚本・製作を担当するのはジョージ・ミラー。前作から続投する製作陣にはほか、共同脚本のニック・ラソウリス、編集のマーガレット・シクセル、美術のコリン・ギブソン、音響編集のベン・オスモ、製作のダグ・ミッチェル、メイクアップ・デザイナーのレスリー・ヴァンダーウォルト、スタント・コーディネーターのガイ・ノリスらが就任している。撮影監督を務めるのは、『華麗なるギャツビー 』(2013)『ハクソー・リッジ』(2016)などのサイモン・ダガンだ。

『フュリオサ(原題)』は、2024年5月24日に米国公開予定だ。

Source: Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly