Menu
(0)

Search

『マッドマックス』フュリオサ単独映画、アニャ・テイラー=ジョイが最も興奮していることは ─「ジョージ・ミラーの頭脳は凄い」

アニャ・テイラー=ジョイ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/29787633788/

マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)の前日譚映画『フュリオサ(原題:Furiosa)』では、『スプリット』(2017)「クイーンズ・ギャンビット」(2020)などのアニャ・テイラー=ジョイシャーリーズ・セロンに代わって、フュリオサの若き日の姿を演じる。

『フュリオサ』の物語については依然として多くは明かされていないが、オーストラリアで撮影される史上最大の映画であり、長年に渡る壮大な物語が描かれると伝えられている。そんな超大作で、ジョイが最も期待しているのは、ジョージ・ミラー監督と仕事を共にすることにあるようだ。「ジョージ・ミラーの頭脳はとにかく凄い。彼と一緒に時間を過ごせること、そして彼のそばで成長できることは幸運で光栄なことだと思っています」。

『マッドマックス』シリーズを成功に導いただけでなく、アクション映画の歴史を塗り替えた巨匠が監督を務めるともなれば、世界中から一目置かれる新進気鋭の俳優にとっても、これ以上ない成長の機会ということだろう。また本作では、ハードなアクションが求められることが予想されるが、どうやらそんな側面にも前向きのようだ。「フィジカルなことも本当に楽しみにしています。身体的に別の存在になるということは、不思議にも私に安らぎを与えてくれるのです」。

ジョイは現在、束の間の休暇中とのことで、2021年8月から2023年半ばまで継続的に仕事をするという。本作の撮影は以前まで、2021年6月に開始されると報告されていたが、このたびの報道では8月と伝えられている。ジョイにとって本作が休暇終了後初となる仕事になりそうだ。

なお出演者にはジョイのほか、クリス・ヘムズワース、ヤーヤ・アブドゥル・マティーン2世が参加。前作から続投する製作陣には監督・脚本・製作を兼任するミラーのほか、共同脚本のニック・ラソウリス、音楽のジャンキーXL、編集のマーガレット・シクセル、美術のコリン・ギブソン、音響編集のベン・オスモ、製作のダグ・ミッチェル、メイクアップ・デザイナーのレスリー・ヴァンダーウォルト、スタント・コーディネーターのガイ・ノリスなどが就任している。

『フュリオサ(原題:Furiosa)』は、2023年6月23日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly