Menu
(0)

Search

X-MENスピンオフ『ガンビット』3度目の監督降板で公開延期へ ― チャニング・テイタム主演、2019年夏休み映画に

チャニング・テイタム
Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/6851535588/ )

映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ映画『ガンビット(原題:Gambit)』からゴア・ヴァービンスキー監督が降板したことがわかった。これに伴い、20世紀フォックス社は本作の米国公開日を2019年2月14日から同年6月7日へ延期すると発表している。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』3部作(2003-2007)で知られるヴァービンスキー監督が、『ガンビット』で監督を務めると報じられたのは2017年10月のこと。米Deadlineによれば、降板の理由は監督のスケジュールだったといい、友好的な形で離脱するに至ったという。

しかしながら、『ガンビット』から監督が降板するのは今回が3度目となる。2015年10月にルパート・ワイアット監督が、2016年8月には後任者のダグ・リーマン監督がプロジェクトを去っているのだ。その後、2017年夏に製作の本格始動が伝えられ、監督が就任、キャスティング作業も進行していた。ところがヴァービンスキー監督が降板したことで、2018年2月~3月に始まるといわれた本撮影を間近に控え、製作は再びストップせざるを得なくなってしまったのである。

The Hollywood Reporter誌によれば、20世紀フォックスは現在ヴァービンスキー監督の後任者を探している状況だといい、予定通りに撮影が始まるかどうかはわからない。映画の関係者によると、『ガンビット』は「超コメディタッチの強盗映画」であり「夏のマーベル映画としてふさわしい」そうだが、こんな状況になってしまった以上、どことなく無理矢理なポジティブさを感じてしまうコメントだ。

なお、主演・製作を務めるチャニング・テイタムは今後もプロジェクトに残留する。2015年から自身が強く望んできた企画だけに、もはや気の毒としか言いようがない……。

映画『ガンビット』は2019年6月7日に米国公開予定

Sources: http://deadline.com/2018/01/gambit-movie-gore-verbinski-leaves-director-1202240851/
https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/deadpool-2-gambit-new-mutants-get-new-release-dates-1073560
http://variety.com/2018/film/news/gore-verbinski-exits-channing-tatum-gambit-1202661312/
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/6851535588/ )

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly