傑作ホラー『ゲット・アウト』監督、続編製作を「真剣に検討」 ― 2017年話題作、アカデミー賞4部門ノミネート

2017年、世界で話題を呼んだ傑作ホラー映画『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督が、続編映画の製作に前向きな姿勢を示した。

『ゲット・アウト』はサプライズの仕掛けられたホラー映画にして、現代のアメリカや世界が抱える問題を痛烈に(そして痛快に)描き出した一作。その志の高さ、そして達成された完成度には絶賛が集まり、第90回(2018年)アカデミー賞では作品賞・主演男優賞(ダニエル・カルーヤ)・監督賞・脚本賞(ともにジョーダン・ピール)の4部門にノミネートされた。ジャンル映画としては稀にみる展開とあって、その結果にも注目が集まっている。

そんな中ジョーダン監督は、米The Hollywood Reporter誌の取材に対して、『ゲット・アウト』の続編製作について語っている。

(続編について)もちろん、真剣に検討しますよ。僕はあの世界が大好きですし、もっと描けるストーリーがあると思っているんです。それが何かはわかりませんが……(前作で)終わっていないこともありますしね。」

ジョーダン監督にとって『ゲット・アウト』は長編映画の監督デビュー作だったが、すでに頭の中には次回作のアイデアがいくつもあるという。2017年5月、大友克洋の漫画『AKIRA』の映画化を断った際に「オリジナルの企画をやりたいから」語っていた彼は、一体どんなストーリーを思い描いているのだろうか……。

もちろん、今後『ゲット・アウト』の続編が確実に製作されるとは限らない。しかし少なくとも監督は製作に前向きのようだし、そもそも『ゲット・アウト』が恐怖や笑いの対象として扱っていたのは、いうなれば社会の抱える問題そのものだった。すなわち監督の問題意識や視線ひとつで、あの世界が再び大スクリーンに現れることは十分にありうるはずなのである。

映画『ゲット・アウト』のブルーレイ&DVDは2018年4月11日に発売予定
なお第90回アカデミー賞の授賞式は、2018年3月4日(米国時間)に開催される。まだ何も決まっていない以上、ここでの成果が続編に結びつく可能性もあるだろう。

Sources: https://screenrant.com/get-out-movie-sequel-jordan-peele/
http://collider.com/jordan-peele-not-directing-akira/
© Universal Pictures

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。