『ジュマンジ:ウェルカム・トゥ・ジャングル』さっそく続編始動!キャスト&スタッフ再集結か

ドウェイン・ジョンソン主演、体感型アトラクション・アドベンチャー・ムービー『ジュマンジ:ウェルカム・トゥ・ジャングル』の続編がさっそく始動したことがわかった。米Deadline誌をはじめ、Variety、The Wrapなど複数メディアが伝えている。

1996年公開、ロビン・ウィリアムズ主演映画『ジュマンジ』の続編となる本作は、2017年12月20日(現地時間)に全米公開されるや衝撃の大ヒットを記録。公開3週目で『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)を抜いて週間ランキングNo.1に躍り出たのち、5週目までその座を譲らず、スーパーボウルに全米が燃えた週末(2月2~4日)には週末ランキング首位に返り咲いた。
いまや『IT/イット “それ”が見えたら、終わり』(2017)や『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)という大ヒット作品の北米興収を抜いて、ドウェイン・ジョンソン史上最大のヒット作となったのである。

こうした大ヒットを受けて、製作を手がけた米ソニー・ピクチャーズが続編映画を作ろうとしないわけがなかった。Deadlineによれば、ソニーは『ジュマンジ:ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル』の脚本を執筆したスコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナーと続編の契約交渉に入ったという。
同誌をはじめとした複数メディアによれば、ジェイク・カスダン監督のほか、ドウェイン・ジョンソンやケヴィン・ハート、ジャック・ブラック、カレン・ギランといったメインキャストも続編には再集結するとみられる。マット・トルマック氏らプロデューサー陣も再登板することになりそうだ。

誰も予想しなかった超ヒットによってプロジェクトが始動した続編だが、2018年2月時点で作品タイトルや撮影スケジュールは未定。豪華キャストの集結には時間がかかりそうなだけに、気長に待ちたいところである。

なお『ジュマンジ:ウェルカム・トゥ・ジャングル』を執筆したスコット&ジェフのコンビは、同じくソニー製作の「スパイダーマン」スピンオフ映画『ヴェノム(原題:Venom)』の脚本も担当している。ちなみに脚本初稿を担当したクリス・マッケナ&エリック・ソマーズが『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の続編を執筆しているあたり、奇妙なめぐり合わせといえそうだ……。

映画『ジュマンジ:ウェルカム・トゥ・ジャングル』は2018年4月6日より全国ロードショー。日本全国マジジュマンジ状態まで、もうしばらくお待ちいただきたい!

Sources: http://deadline.com/2018/02/jumanji-welcome-to-the-jungle-sequel-scott-rosenberg-jeff-pinkner-sony-dwayne-johnson-kevin-hart-jack-black-1202278493/
http://variety.com/2018/film/news/jumanji-welcome-to-the-jungle-sequel-sony-1202689115/
https://www.thewrap.com/jumanji-sequel-works-director-writers-talks-return/
http://variety.com/2018/film/box-office/jumanji-box-office-maze-runner-the-death-cure-winchester-super-bowl-1202686511/
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=jumanji2016.htm

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。